注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

先輩社員のミスはどう指摘!?神経すり減らす職場環境がキツい!

仕事

2019.05.13

20190510senpai01基本的には若手社員がミスをしてしまうケースが多いと思いますが、中には先輩社員のミスに困らされている社会人も。そんな中ネット上では「先輩のミスをどう指摘していいかわからない」というお悩みに、様々なアドバイスが寄せられていました。

 

先輩のミスはどうやって指摘する?


さっそく相談内容を見てみると、ある日男性会社員は何回も同じミスをしている先輩のミスを指摘。しかし彼は先輩から、「後輩には言われたくない」と突き放されたようです。そこでミスがあった箇所を黙って修正し先輩に渡したのですが、今度は「黙って持ってきたらわからないじゃん」とのお叱りが。言われた通りに修正箇所を伝えると、どれも先輩のミスなので露骨に不機嫌な態度をされてしまいました。

 

男性会社員はネット上で、「先輩のミスは指摘するべきなのか」「指摘するとしたらどのように指摘したらいいのか」を質問。ここまで理不尽な先輩社員は中々いないと思いますが、一般的にはどのようにしているのか意見を求めています。

 

まず「指摘するべきなのか」という問いには、「ミスを見つけて指摘しないのはあり得ない」「先輩だろうとなんだろうと指摘するべき」「これは先輩の態度が間違ってるし、気にしない方がいい」という声がほとんど。やはり社会人として、会社の不利益になりかねない“仕事のミス”は指摘するのが当たり前のようです。

 

それはそれとして、たとえ相手が悪かったとしてもなるべくなら円滑に済ませたいところ。「どのように指摘したらいいのか」については、「修正箇所に付箋を貼って、事務的に伝えた方が丸く済む」「同じ状況が続くようなら、先輩よりも立場が上の上司に相談してみたら?」「先輩の顔を立てたいならこっそり伝えた方がよさそう」との助言が寄せられていました。

 

同僚のミスを発見した場合は?


後輩から先輩への指摘ではなく、“同僚”へのミスの指摘にも色々と気を遣う模様。以前とあるお悩み相談サイトには、同僚のミスに関する質問が投稿されていました。

 

彼の職場では監督責任のある上司がミスをチェックするのですが、偶然にも同僚のミスを事前に発見。しかし彼はミスを指摘する立場ではないため、伝えて良いのか不安に思っているようでした。同僚がミスを残したまま提出しても自分に被害があるわけではなく、同僚の評価が下がるだけ。逆に良かれと思って指摘すると、関係が悪くなる恐れもあります。

 

このケースでは“ミスをチェックする役割”が会社の中で決められているのですが、それでも指摘した方が良いのでしょうか。他のユーザーからは、「万が一上司がミスを潰せなかったら大変なことになるし、こっそり伝えるか上司に報告するべき」「“人間関係が悪くなる”ってデメリットがあるなら、見なかった振りをした方が良いのでは?」「どれくらいクリティカルなミスなのかはわからないけど、普通は本人に指摘して上司にも報告する」といった意見が寄せられていました。

 

神経を擦り減らす先輩や上司も


先輩が後輩のミスを指摘するのは普通のことですが、最近ではそれもままならないケースがあるとのこと。世の中の上司や先輩社員からは、「入社3日目の新人に注意したら、いきなりブチギレて辞められた」「年上の後輩がミスを指摘する度に不機嫌な態度をとってきてキツイ」「ミスがあるとやばいから指摘してるのに、それで『パワハラ』とか言われたらたまったもんじゃない」との嘆きも聞こえてきます。

 

ちなみに以前「株式会社日本能率協会マネジメントセンター」が行った「イマドキ若手社員の仕事に対する意識調査」では、「最初に十分な説明のなかった依頼事項について、あとで間違いを指摘された時、どのように感じますか」との設問が。これに64.8%の若手社員が、「最初にきちんと説明をしてくれなかった相手に責任がある」と回答しています。

 

“ミスの指摘”に関する悩みは立場を問わず絶えないようですが、「ミスを指摘できないような環境がまずいのでは?」との意見も。縦・横問わず風通しの良い職場にできると良いですね。

 

文/古山翔

 

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【マネジメント】その他の記事

マネジメント
もっと見る