2019.03.28

「平日休みワーママ」と「土日休みワーママ」のメリット・デメリット

70-1

一般的に休日というと土日をイメージする人が多いと思いますが、働いている会社によっては平日休みという人もいます。会社の休みが平日か土日かによって、ライフスタイルは大きく異なりますので、就職活動する際に休みを重視するママも多くいます。

土日休みが良いか平日休みが良いかは人によって異なります。自分にとってどちらのほうがメリットがあるかを考えてから、仕事を決めたいですよね。そこで平日休みと土日休みのメリット・デメリットについてまとめてみました。

■「平日休みワーママ」のメリット

・行政や銀行、病院に行ける

土日は役所や金融機関、病院なども休みのことが多いので、用事があるときは平日に早退したり、休みをとらなくてはなりません。

平日休みなら、わざわざ休みをとらなくてもいけるので、その点メリットもあります。

ワーママは、自分のことだけでなく家族のために、役所や銀行に行かなくてはならないこともあります。

子どもを病院に連れていかなくてはならないことも多いので、平日休みのほうが動きやすいと感じる人も多いかもしれません。

・パパと交代で子どもを見られる

パパとそろって休みが土日だと、平日に子どもを見ることができません。遅くなる場合は、祖父母やベビーシッターなどに頼まなければならないこともあるでしょう。

ママが平日休みなら、子どもの世話をすることも可能です。お迎えのお願いをしなくても良いのと、子どもが早めに家に帰ってくることもできるので、ママとの時間をゆっくりと楽しめるのではないでしょうか。

土日はパパが子どもたちを見てくれるので、仕事に集中することもできます。交代で子どもを見られるほうが、子どもにとっても良い環境を与えられるかしれません。

・日中は一人でのんびりできる

平日休みのワーママのメリットといえば、日中は子どもたちが幼稚園や学校に行ってるので、のんびり一人の時間を満喫できるという点です。

土日休みだと家族全員で行動しなくてはならないことが多いので、自分の時間を確保することも難しいものです。せっかくの休みなのに、仕事に行っているときより疲れてしまうこともあります。

平日休みだと、家族を見送ったあとに二度寝できたり、家事も自分のペースでのんびりすることができます。

自分の時間を少しでも欲しいと思っているママは、平日休みのほうがメリットを感じるかもしれません。

■「平日休みワーママ」のデメリット

・周りとスケジュールを合わせにくい

一般的には土日休みの人のほうが多いため、友人と会う約束をしにくいのがデメリットといえます。

友人とショッピングやランチを楽しもうと思っても、休みが合わないので、どちらかが会社を休むしかありません。

イベントなどのも土日に開催されることが多いので、参加することは難しくなるかもしれません。平日休みだと、基本的に一人で過ごすことのほうが多くなりそうです。

・家族サービスができない

夫や子どもは土日休みなのに、自分だけが平日休みとなると一緒に家族で出掛けることができません。

特に子どもは土日休みが基本なので、子どもが休みの日に家族でどこかで出掛けたいといっても、夫に任せるか、自分が会社を休むしかありません。

家族の思い出を作りにくいというのは、平日休みのデメリットといえるでしょう。

・長期休暇がとりにくい

土日休みであれば祝日も休みのことが多いため、ゴールデンウイークや年末年始、お盆などに長期休暇が会社の休日で定められていることもありますが、平日休みの場合、祝日は仕事のことが多く、長期の休暇をとりにくくなるかもしれません。

長期休暇をとるにしても時期をずらしてとることが多いので、みんなで旅行に出掛けるなども難しいことが多いようです。

佐藤 仁美

佐藤仁美です。
仕事をしながら子育て中です。日常にある疑問や発見を調べて解決して、記事にまとめています。