注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

<昭和VS平成>価値観のちがう上司や部下との付き合い方

仕事

2019.03.10

60-1

 

時代が変われば仕事に対する価値観も大きく異なるもの。現代社会ではジェネレーションギャップによる価値観の違いで、苦労している上司や部下も少なくないようです。

しかし価値観が違うからといって、仕事上でのコミュニケーションを避けられるわけではありません。

自分の価値観と合わないと思っているとき、もしかして相手も同じようなことは感じているのではないでしょうか。そこで価値観の違う上司や部下と、どのように付き合えば良いのかまとめてみました。

■価値観の違う上司との付き合い方

・上司に理想像を押しつけない

上司と価値観が合わないと思う人は、上司はこうあるべき!という気持ちが強いのかもしれませんね。

上司に対しての理想像が強いと、自分の意見や価値観が合わなかったとき、相手が間違っていると思いがちです。

それが行きすぎると上司を嫌いになったり、一緒に働きたくないなどとエスカレートしていくのではないでしょうか。

自分に理想像があったとしても上司がそれを目指しているはずもなく、そうなりたいとも思っていないことでしょう。いってみれば部下の勝手な都合で、上司にとっては大きなお世話ということになります。

上司だから自分が不満を持っていることに気付くべきだと思う人もいますが、いくら上司とはいえ、自分の親でも身内でもありません。言葉にしない限り、きっと上司は気づかないことでしょう。

上司と価値観が合わないと不満を持つ前に、自分自身が理想を追い求めすぎていないか、一度立ち止まって考えてみると良いでしょう。

・上司に合わせることも必要

自分の意見を述べると上司とぶつかってしまうのは、価値観が合わないからとも考えられます。

価値観の違う上司だと仕事もスムーズに進まないように感じ、ストレスがたまってしまうこともあるでしょう。

もしかして自分の仕事を邪魔したいだけでは?と思うこともありますが、はたして本当にそうなのでしょうか。

上司は自分よりも何十年も長く仕事を続けており、経験と実績を積んで今の立場にあります。これまでの経験値を踏まえて、アドバイスしていることも十分に考えられるでしょう。

上司を否定するのは簡単ですが、あえて上司の価値観に自分の気持ちを合わせてみると、意外に仕事がうまくいくこともあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

■価値観の違う部下との付き合い方

・仕事は奪わずに任せてみる

自分との価値観が違うと、何かと反発してくる部下も多いものです。口には出さなくても陰口をいったり、不満を抱いていることは少なくありません。

価値観の違う部下に対しては、頭ごなしに「いわれたことだけやっておけ」といいたくなるかもしれませんが、それだと部下は育ちません。

部下が自分の仕事のやり方に不満があった場合、仕事を任せてみるのも一つの方法です。自分で仕事をしてみることで、なぜ上司がそういうことをいっていたか理解できるようになります。

仕事を任せることで自分は信頼されていると自信を持てるようになりますし、上司との信頼関係も築くことができるでしょう。

自分と価値観が合わないからといって排除するのではなく、あえて任せてみることで関係が良好に向かうこともあります。

・否定するのではなく受け止める

価値観の違う部下だと、何ごとも否定したくなります。部下でなくとも価値観が合わないと、相手を否定しがちになるものです。

価値観の合わない部下から仕事で新たな提案があったとしても、受け入れることができず全て却下してしまうことはないでしょうか。

上司の仕事は個人的な感情を部下にぶつけることではなく、部下の能力を引き出し育成することです。客観的な目線で部下を観察して評価し、やる気を引き出してあげることが必要です。

価値観が合わないからといって部下を否定するのは、自分の管理能力が低いことを証明しているようなものです。

自分の役割をきちんと把握すれば、部下を否定するのではなくしっかりと受け止められるようになるのではないでしょうか。

・自分のスタイルを押しつけない

自分と価値観が違う部下に対しては、同じ方向を向いてほしいと思い、つい自分のやり方を押しつけてしまう上司もいます。

仕事のやり方を全く知らない部下ならともかく、ある程度確立している部下に対して押し付けても何の効果も期待できません。

自分のやり方が正しいと信じているからこそ部下に押し付けてしまうかもしれませんが、部下からすると単に承認欲求の強い上司に思われてしまうことでしょう。

そもそも上司は部下を承認するほうの立場なので、自分の価値観やスタイルを押しつけず、部下の仕事ぶりを見届けてあげるようにすると、価値観の合わない部下ともうまく付き合えることでしょう。

■まとめ

価値観のちがう上司や部下との付き合い方について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

上司と部下の関係とはいえ、他人同士だから価値観が違うのは当たり前です。価値観が違うからといって相手を否定するのではなく、相手を受け入れる心の広さがお互いに必要になってきます。

価値観が合わないとピリピリするのではなく、気付かないフリをする鈍感力も社会人には必要です。会社はいろいろな人が集まって仕事をしているので、自分の価値観を押し付けないよう気を付けましょう。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【マネジメント】その他の記事

マネジメント
もっと見る