注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「正直迷惑…」 業務連絡にLINEを使うのはアリ? ナシ?

仕事

2018.06.15

20180615line01スマホやSNSが身近な存在となった昨今。便利なこともたくさんありますが、ときにはわずらわしく感じてしまうこともありますよね。最近では仕事の連絡でSNSを使う会社も珍しくないようで、ネット上では「面倒くさい…」という不満の声も上がっています。

 

LINEでの業務連絡にうんざり…


先日とある掲示板で話題になったのが、“業務連絡におけるLINE”についての投稿。投稿者の職場では業務連絡にグループラインを使っていて、連休中にも関わらず仕事の連絡が入ってくるそうです。「〇時までにこのグループラインへ報告しろ」と時間まで指定してくる上司に投稿者はうんざり。「社内メールがあるのに、なぜLINEで連絡しなくてはいけないの?」と不満をあらわにしています。

 

この投稿にネット上では共感の声が続出。「前の職場がまさにそうで本当迷惑だった」「パートのグループラインが仕事以外の話まで多くて正直うざい」「それが嫌で職場の人にはLINEやってないって言ってる」との声が見られました。

 

いっぽうで「毎回電話でやり取りするよりラクじゃない?」という肯定派も。「外出先で頻繁にパソコン開いてメールの確認しろって言われるよりマシ」「シフトを変わってもらいたいときもグループラインの方が言いやすい」と便利さを感じている人もいるようです。

 

仕事の連絡でLINEを使うか使わないかは会社や上司のタイプにもよるようで、「私的な関わりはない会社だしLINEで仕事のやり取りをするのは禁止されてる」「上司が古い人だから連絡はほぼ電話」といった声も。職場の雰囲気に合わせて連絡手段を決めるのが無難かもしれませんね。

 

上司とはSNSでつながりたくない!?


LINEの他にもTwitterやFacebookなどさまざまなSNSがありますが、働いている人たちはSNSと職場の関係についてどう考えているのでしょうか。

 

過去には「株式会社オウチーノ」が、“SNSと職場コミュニケーション”に関する調査を実施。アンケートで「職場の人とSNSでつながっていますか?」とたずねたところ、LINEは61.3%、Facebookは37.6%、Twitterは20.5%の人が「つながっている」と回答しました。

 

「職場の上司とSNSでつながることについてどう思いますか?」という質問には、63.6%の人が「つながりたくない」と回答。SNSなどでも「上司にSNS見られるとか地獄でしかない」「Facebookは仕事用と割り切って使ってるけど、プライベート丸出しのTwitterが見つかったらたぶんクビになる」との声が上がっており、仕事用とプライベート用で使い分けている人も多いようです。

 

仕事にもスマートフォンやSNSといった連絡手段が欠かせなくなってきた現代社会。メリットとデメリットをよく理解して、上手につき合っていけるといいですね。

 

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【マネジメント】その他の記事

マネジメント
もっと見る