コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

取引先との会議で後輩が号泣… 思わず絶句「どんな指導が正解なの!?」

仕事

2020.04.16

話を聞いて寄り添うことが重要!

ネット上では営業先や取引相手の前だけでなく、社内で泣く人も多い様子。

 

エピソードを見ていくと、「職場での人間関係がうまくいかず、仕事中に涙が止まらなくなった」「仕事への責任感とプレッシャーで自然と泣いていたことがある」といった声が。

 

なかには、「出勤前に家族と大ゲンカして、そのまま出社したら泣いてしまった」「プライベートで不幸が重なり、辛い気持ちが職場でもおさえられずについ…」など、仕事以外の理由で泣いてしまう人も見られました。

 

また、職場の人を泣かせてしまったケースもあがっており、「ミスが多くて仕事も遅い社員を叱った途端、まさかの大号泣。その社員自身も“自分は仕事のできない人間”と自信を失っていたらしく、私の一言がトドメになったようです…」「かなりきつく叱った部下がしょぼくれていたから、『黙っていてもわからない』と注意したら突然泣き出した」という経験談が寄せられています。

 

どのような理由であれ、仕事中に目の前で泣き出されたら対応に困りますよね。

 

泣かれた時の対処法としては、「話を聞いて寄り添うことが大事。頭ごなしに叱るのではなく、『私はあなたの味方だから話を聞くよ』と安心感を与えてあげて」「泣いている人に追い打ちをかけても泣きやまないので、その時は慰めた方がいいかも。もし自分が泣かせてしまったなら、謝罪したうえで自分の言動を見直すべき」などのアドバイスがあげられていました。

 

>>NEXT 仕事で辛いと感じる瞬間は?

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【マネジメント】その他の記事

マネジメント
もっと見る