注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

社員全員に向上心なんてない!?マネジメントで勘違いしがちな落とし穴

仕事

2020.04.12

2020.04.14

どのような職種でも仕事をしている限りは“向上心”が求められがち。実際に出世やスキルアップなどに心血を注いでいるビジネスパーソンは少なくありませんが、「向上心を持って当たり前」という考え方には疑問を抱く人も多いようです。

“向上心”前提のマネジメントは失敗する?

先日ネット上でマネジメントに関する提言が話題になりました。組織の効率化やパフォーマンス向上などを図るマネジメントですが、「全人類が自分の成長を望んでいると思ってたら失敗する」と注意を促しています。

 

確かに社会人になれば誰しもはじめは「頑張って出世したい!」「もっと収入を増やしたい!」というモチベーションが少なからずあるもの。企業も賞与などで、社員のやる気をさらに高めているところもあります。

 

しかし、それらは収入アップを目的とした動機付け。何も自分にメリットがないなかで、誰もが自分自身で向上心を保ち続けているわけではありません。

 

実際に今回話題になったツイートには、「自分も『稼ぎたい!』というよりは、『今日と同じような明日が続いてほしい』って思うタイプ」「よく『そんなんじゃ成長できないよ?』って言われるけど、成長しても仕事が増えるだけでいいことなくない?」と共感の声が。仕事の成功や出世に重きを置いていない人も多いようです。

 

>>NEXT 世の中には「仕事が人生の全てではない」という人も

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【マネジメント】その他の記事

マネジメント
もっと見る