コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

職場の人間関係の悩み「誰に」「どう」相談するのがベター?

仕事

2020.03.12

要注意!相談してはいけない人とは?

職場の人間関係については、同じ場所で働く人の方が内情が分かるため、つい社内の誰かに相談したくなりますよね。

しかし、社内の人に相談する際は誰が適任か見極める必要があります。見極めを誤ると、問題の悪化につながりかねません。

 

噂好きな人やおしゃべり好きの人に相談するのは、職場の人全員に話すのと変わりません。

また、他意が無くとも、うっかり大事な事をしゃべってしまうような人も避けましょう。

 

相談内容にもよりますが、口が堅く信頼できる人以外には相談しないというのが安全です。

 

「転職を考えている」など、相談者や会社との間に利害関係が生じる場合は、その後の昇進や部署移動などで不利にはたらくこともあります。

本当に相談をしていいのかどうか、実際に相談する前に一度立ち止まって考えるようにしましょう。

まとめ

色々な人が集まる職場では、どうしても合わない人や、ちょっとしたことがきっかけで関係がこじれるようなことも珍しくありません。

誰かに相談することで問題が解決することもありますが、相談相手をまちがえるとかえって問題が大きくなってしまうことも。

 

感情に任せて相談したり愚痴を吐いたりするのではなく、相談前に冷静になって「この相談内容をこの人にしたら、その後どうなるだろう?」と考えてみましょう。

一度立ち止まってみるだけでも、不要なトラブルを避けることができますよ。

 

文/佐藤仁美

3 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【マネジメント】その他の記事

マネジメント
もっと見る