嫁ブロックで転職を断念!?夫婦の修羅場を回避する仕事の辞め方

様々な理由で“転職”を選択するビジネスパーソンは少なくありませんが、「妻に反対された」という理由で断念する人も。転職でパートナーと意見が対立した場合、夫としてはどのように対応すればよいのでしょうか。

 

妻に転職を反対された夫の悩み


30代手前の男性会社員は、職場の待遇や人間関係のストレスから転職を考えています。転職先はすでに決まっているのですが、ネックとなっているのは今の住居から離れてしまう点。そのため通勤するためには引っ越しをする必要があり、人混みが苦手な妻から「東京に行きたくない」と反対されてしまいました。

 

確かに夫の“転職”は環境や収入が変わり、生活に様々な影響があるので妻にとっても不安なもの。今回のケースでは「東京に行きたくない」と反対していましたが、他にも数多くの反対理由が考えられます。そのためネット上では、「妻が転職に難色を示すのは当然。本気で転職を考えているのなら、しっかり説得するべき」「自分だけじゃなく家族全体としての“メリット”を伝えてみては?」といったアドバイスが寄せられていました。

 

一方で「本当に今の職場が辛いなら、単身赴任も視野に入れてすぐに転職するべき」「30代手前って結構ギリギリな歳だし、早めに行動した方がいい」との意見も。また夫婦両方の言い分を踏まえた上で、「都内じゃなくて、今の住居に近いところで転職先を考えた方がよさそう」と妥協案を提案する人もいます。

 

>>NEXT “転職”の提案が修羅場に発展してしまうケースも!?

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。