派遣社員はアリ?それともナシ?派遣会社で働く前に知っておきたいこと

71-2

 

■派遣社員として働くメリット・デメリットとは?

派遣社員として働くメリットは、以下のとおりです。

・自分の希望に合った仕事を選びやすい
・時給が高い
・正社員で働くよりも、自由度が高いケースが多い
・プライベートを優先した働き方が実現できる

派遣社員として働く場合には、まず「自分自身の希望条件」を提示することになります。それに合った仕事を探すことができるので、妥協する可能性が低くなります。

正社員と比較すると安定性には欠けるものの、アルバイトと比較すると時給も高く、また「残業」や「転勤」などに悩まされることがないという点もメリットだと言えるでしょう。

仕事をする期間を調整しやすいので、プライベートとのバランスもとりやすくなります。

一方で、デメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

・交通費や賞与は支給されないケースがほとんど
・自身の能力が適正に評価されない可能性もある

派遣社員のデメリットとしてよく挙げられるのが、「社員と同等の仕事をしても、評価につながりにくい……」というポイントです。立場が違うので、仕方がない側面もあるのですが……実際に現場に立ってみると、やりきれなさを感じる方も少なくないようです。

派遣社員ならではのメリットとデメリットをしっかりと把握した上で、自分にとってはどちらの方が大きくなりそうか、判断してみてください。

 

■まとめ

仕事も家庭も大切にしたい!と思う女性にとって、「派遣社員として働く」というスタイルは、魅力度の高いものだと言えるでしょう。自分らしく、イキイキと仕事をすることができるのではないでしょうか。

派遣社員ならではの特徴や、会社との関係性、そしてメリット・デメリットを踏まえた上で、「自分らしい働き方」を模索してみてくださいね。

≪ BACK 1

2

佐藤 仁美

佐藤仁美です。
仕事をしながら子育て中です。日常にある疑問や発見を調べて解決して、記事にまとめています。