注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「最後に質問はありますか?」面接の最後に訪れたピンチをかわす斬新な方法

仕事

2019.05.26

20190325nensetu01

就職面接では、最後に「何か質問はありますか?」と聞かれることがありますよね。とっさに質問が思い浮かばず、やきもきしてしまう人は多いはず。ところが最近、「何か質問はありますか?」に対する“最強の質問”が投稿され、大喝采を浴びていました。

 

“逆質問”には“質問で返す”のがベター?


多くの人が頭を抱えてしまう、面接の「最後に何か質問はありますか?」という“逆質問”。自称“転職のプロ”があげていたアイデアは、「不足している『経験』『スキル』など、不安を感じた点があれば教えてください」という返答でした。さらにこの返答によって指摘されたことを、「追加説明して誤解を解いていく」と良いそうです。

 

このアドバイスを受けて、ネットユーザーからは「すごく参考になる… 次の面接で実践しよう」「かなり勇気が必要だけど、言ってみる価値はありそう!」「足りない部分を聞いておけば、面接に落ちたとしても次に活かせるね」など絶賛の声が続出。“逆質問に対してさらに質問を返す”斬新な方法に、衝撃を受ける人は多く見られました。

 

一方“逆質問”に対し「特にありません」「大丈夫です」と返答をして、面接に合格した人もいるそうです。中には「本当に無かったんです。事前に会社の下調べをしていたので…」「最後の質問が無くても、面接中にたくさん質問していれば大丈夫」というコメントも。

 

「企業側にされたおかしな質問」も続出!


SNSなどではほかにも“逆質問”に関する返答が見られました。「『私は合格ですか?』って聞いたら笑われました。後日、採用通知が届いてびっくり!」「今勤めてる会社の面接では、質問が思い浮かばなくて『頑張ります!』って元気よく言った(笑)」「下調べを全くしていなかったのに『決算も事業内容も調べてるので、質問はありません』とハッタリ。運良く内定がもらえたよ」といったユニークな返答も。困惑しながらも、機転を利かせた答えが続出しています。

 

“逆質問”にまつわる意見が相次ぐ中、「企業側から受けたおかしな質問」も上がっていました。「『3億円持ってたらどうする?』という質問。貯金することしか思い浮かばない…」「集団面接で『好きなものを大声で言ってください』と言われたことがある。みんな『スイカ!』『グラタン!』って叫んでた」「変な質問と言えば、『明日地球が滅亡するとしたらどうする?』かな。とっさに『家族に感謝の気持ちを伝えます』って答えて、内定ゲット」などのエピソードが。思いがけない質問に「困惑した」という人は少なくありません。

 

「面接でうまく回答できなかった質問」の1位は「退職理由」!


世の人々が上手く答えられなかった質問は、どういったものがあるのでしょうか? 以前エン・ジャパン株式会社が、転職希望者を対象に「面接についての調査」を実施。多くの人が頭を抱えてしまう“面接の質問”を明らかにしています。

 

「面接で聞かれたことがある質問」で1番多かった回答は、「前職(現職)の仕事内容」の83%でした。次いで2位が「志望理由」で82%、3位は「退職理由」の77%という結果になっています。

 

「面接でうまく回答できなかった質問」を聞いたところ、前調査で3位にランクインしていた「退職理由」が23%で堂々の1位に。話題となっていた「何か質問はありますか?」という“逆質問”は2位で、21%の人が上手く回答できなかったそうです。3位は「志望理由」で19%という結果でした。

 

質問への対応をしっかり準備して、面接に挑みましょう。

 

文/内田裕子

 

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【就職・転職】その他の記事

就職・転職
もっと見る