突然の脱サラ宣言!夫の夢に掛ける小さくない代償

起業する人は就業経験が豊富?


「起業してから軌道にのるまで30年かかりました」という声もありましたが、会社を興す人は何歳ぐらいで起業に踏み切るのでしょうか。2019年1月に「日本政策金融公庫総合研究所」が発表した「起業と起業意識に関する調査」によると、「起業時の年齢」で一番多かったのは「29歳以下」の30.1%。次いで「30代」が25.8%、40代の19.2%と続きます。

 

若いうちに起業する人が少なくありませんが、職業経験は豊富な人が多いよう。「今までの勤務企業数」を調べると、「5社以上」を経験した人が34.0%と判明。「3~4社」が27.0%で、「2社」が20.4%、1社という人が15.1%でした。中には、1社も経験せず起業したという人も3.5%いました。

 

他にも起業した人の「収入に対する満足度」は、「起業に関心はあるけど起業していない人」や「起業に関心のない人」と比べて高いことも判明。厳しい道のりではありますが、夫婦で達成したときには喜びも大きいのかもしれませんね。

 

文/内田裕子

 

≪ BACK 1 2

3

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。