成功&失敗しやすい夫の転職パターン

68-1

夫が転職を考えているという方はいませんか?転職をするなら今よりもいい環境や条件の会社に転職してほしいですよね。

成功&失敗しやすい夫の転職パターンはあるのでしょうか?まとめてみました。

■成功しやすいパターン

まず転職の理由ですが、ライフスタイルの変化が転職の理由だと転職が成功しやすいようです。

今の会社に不満がある人は少なくないですが、会社への不満を述べるよりも結婚や出産を機にもっとお金が欲しい、自宅から近いオフィスで働きたいなど面接では前向きな理由を述べてみましょう。

相手に好印象を与えられる可能性が高くなりますし、転職したい理由を自分でも前向きにとらえているとモチベーションが高まると考えられます。

転職の基本は転職サイトなどに登録することです。夫が勤めている企業がブラック企業で残業などが多くなかなか時間が取れない場合、妻が夫の代わりに求人情報を探してみるのもよいでしょう。

仕事を検索するコツは夫の業種や職種も意識することです。転職サイトは数多いですがキャリアを活かせるタイプの職業に特化したものもあります。少しでも有利な条件で転職できるように、大手リクルートサイトなどに登録するほか専門的な会社ともコンタクトをとれるようにしておきましょう。

また、リクルートエージェントを頼るのもひとつの手段です。大手リクルートエージェントとやり取りを重ねると相性のよい担当者が見つかることもあります。

リクルートエージェントを頼る場合はやり手の担当者を探してみましょう。担当者によっては紹介する会社の人事と懇意だったり、内部情報を教えてくれたりします。また根回しも得意です。

合格する確率の高い求人情報をくれるのでリクルート会社よりもリクルートエージェントの能力に注目してみるとよいのではないでしょうか。

転職が成功すると一部上場企業に勤めることができたり、年収が100万円単位で上がったりもします。夫が転職を考えているようならご紹介したような成功しやすいパターンもなぞってみるとよいかもしれませんね。

■失敗しやすいパターン

逆に転職に失敗しやすいパターンというものもあるようです。転職に成功するというのは、今の会社よりもよい会社に転職するということです。この前提条件をしっかりと意識しておかないと転職が無駄に終わってしまうでしょう。

転職する前に自分が大事にしたいポイントを整理できていないと転職に失敗しやすいです。譲れないポイントに優先順位をつけるのが一番でしょう。

例を挙げると、仕事にやりがいを感じたくて転職をするのであれば仕事内容を第一条件とします。やりたい仕事をするために転職をするのです。

その際に年収が下がってしまったとしても仕事にやりがいを感じたいという本来の目的が達成できるのであれば、不満は言わないことにします。

絶対に譲れないと思うポイントを抑えることができてからほかの条件が改善できないかどうかを考えます。多種多様な会社がありますので転職をしたら労働条件が変わって当たり前です。

転職の目的を達成できてからそこで上手くやっていく工夫を始めてみてください。

こちらに落ち度はなくても転職に失敗するパターンというものもあります。事前に話していた労働条件と実際の勤務に大きなギャップがあるパターンです。

ホワイト企業と思って入社した会社がブラック企業だったというケースもあります。求人情報などはよくチェックする必要があります。

ブラック企業と呼ばれる会社の求人案内には、美辞麗句が書かれている場合もあります。求人情報や面接した際の話に具体的な内容が少ないと感じたら危ないかもしれませんね。

また、40歳を過ぎてからの異業種への転職は難しいと言われています。異業種を目指すならできれば30代のうちに転職した方がよいでしょう。

佐藤 仁美

佐藤仁美です。
仕事をしながら子育て中です。日常にある疑問や発見を調べて解決して、記事にまとめています。