ワーママが成功しやすい転職先

100-1

■転職を考えるワーママはやっぱり多い!

こどもを持っていながらお仕事も頑張っているワーママたち。仕事と子育てを両立していくためにも、やはり転職を考えている人が多いようです。全体的な割合を見てみると、およそ半数ほどのワーママが転職したいという思いを抱えながら今のお仕事を続けている、というデータもあります。

職場の環境や自身のキャリアへの影響などなど、子育ての他にもワーママが気になっているポイントは様々。転職を考えるに至った理由なども見ていきましょう。

■ワーママが転職を考える理由とは?

ワーママが転職したいと考えている主な理由は、やっぱり子育てとの両立ができるような仕事をしたいから……と思いきや、実は「自身のキャリアアップ」を大きな目標にしているママも多いようです。このまま働いていてもこれ以上のキャリアアップは望めないため、職場を変えてチャレンジしていきたいという思いがあるんですね。

自身のキャリアは、今後こどもを育てていく上でもとても大切。お金の面が安定すれば、それだけ育児にかけられる費用も増えて安心です。そういった点も踏まえて、キャリアアップを目指しているママも多いはず。

キャリア自体はもとより、今すぐ給与アップを目指して転職したいというママもたくさんいます。人によっては、責任ある立場で働いていると周囲に迷惑や負担をかけることが増えるので、あえて責任を伴わない立場での仕事を探したいというケースもあるようです。

もちろん、純粋により子育てに適した環境の職場で働きたいというママも多いです。自宅近くの職場であれば通勤時間も短いので、より多くの時間を子育てに充てられますよね。いざというときにも急いで自宅へ戻れますし、安心感もあります。会社によっては業務量が多すぎたり勤務時間の規定があって子育てとの両立が難しいこともありますし、ママが働きやすい環境が整っていないことも多いですから、より働きやすい職場へ転職したいという声も多いですね。

多くのワーママが直面し問題としているのは、お仕事そのものと子育ての両立の難しさというより、職場の無理解や理不尽な評価などのようです。その結果として「今の職場でこれ以上のキャリアアップは望めない」「このままではちゃんとこどもを育てていくことができない」と感じて転職を考えるママが多いんですね。

■「転職してよかった」と感じられる職種

ワーママにとって、働きやすい職場の理想は多くの点で共通しているものです。時間的な制約があるママであっても働きやすく、こどもが体調を崩したときなどは臨機応変に対応できる職場であればとても嬉しいですよね。

どんな職種のお仕事であっても職場環境がよくなければ働きにくいのは確かですが、一方で職種によって融通の利く部分・利かない部分は違います。職場の空気はもちろんのこと、自身の望む働き方ができるタイプの職種への転職が一番の理想。ワーママが転職するのにおすすめの職種をご紹介します!


○女性の就業率が高く理解を得やすい事務職

100-2

様々な職種の中でも、女性の就業割合がかなり高い事務職。子育てに関してあまり理解や知識のない男性からの無遠慮な対応に困っているママにとっては、女性の多い職場はやはり安心感がありますよね。

未経験であってもオフィスソフトの使い方等パソコンに関するスキルを身につけられることも多く、正社員としてはもとより派遣社員としても先を見据えて働きやすいお仕事です。求人数も多く、なるべく自宅近くの職場が良いなどの理想に合致しているところを見つけやすいのも嬉しいですね。

ただ働く時間や場所がかなり限定されてしまうので、時短勤務にいい顔をされない職場では働きにくい部分はあります。

○たくさんの人が働くコールセンターなら有事の際もフォローしてもらいやすい

コールセンターで働くテレフォンアポインターのお仕事でも、女性が多く活躍しています。自分で無理のないシフトも組みやすいですし、たくさんの人手がある職場であることがほとんどなので、万が一こどもになにかあってお仕事を急に遅刻・早退・欠席することになった場合も、周囲がカバーしやすい環境になっています。こどもがいることで周りの人に迷惑をかけるのが心苦しい、申し訳ないと感じているママにとっては安心感の強い職場ですね。

勤務内容としても、室内でのお仕事なので体力的な負担も少なく、終業後帰宅して家事や育児を行うのも苦にはなりにくいです。残業が少ない点もおすすめポイントですね。

○成果が明確に見えるエンジニア職も時間の制約が多いママにおすすめ

子育てとお仕事を両立したいワーママにとって、働く上で一番のネックになるのが「働ける時間に制約がある」というところ。仕事はある程度の時間で切り上げて子育てや家事等をこなさなければいけない分、人より働ける時間はどうしても少なくなってしまいますよね。

そのため、事務職のような働く時間が決められている職業よりも、エンジニア職のような成果が明確な職種の方が働きやすい部分があります。webデザインやプログラミングなどの技術さえ身につけばすぐに働けるのも魅力的。エンジニア業界は女性がとても少ない分、企業から求められることも多くあります。そもそもエンジニアの数そのものが足りていないので転職しやすいというメリットも大きいです。

佐藤 仁美

佐藤仁美です。
仕事をしながら子育て中です。日常にある疑問や発見を調べて解決して、記事にまとめています。