注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

煩わしいと思っていたけれど、ママ友づきあいのおかげで転職できた!

仕事

2018.09.21

ママ友とのつきあい、結構大変なことがありますよね。

大切な子供のことが関係して来るので慎重に対応しないと、子供が大変なことになってしまう可能性もありますので、とても気を使って疲れてしまう方も多いようです。

けれども、ママ友とのつきあいのお陰でプラスなこともあるものです。ママ友づきあいのプラスの側面と注意すべき側面にはどんな点があるのでしょうか?見てみることにしましょう。

◆普通の友だちと「ママ友」のちがい

20-1

まずは、普通の友だちと「ママ友」とのちがいについて確認しておくことにしましょう。この点に認識不足があると後々トラブルを招いてしまうことにもなりかねませんので、大事なポイントになります。

ママ友との共通点は、「子供がいる」という点だけであることを理解しておくようにすると、無用なトラブルを避けることが出来ます。

普通の友だちとは、趣味が同じだったり、楽しい時間を過ごしたリと言った感じで、同じ時間や体験を共有したことがある仲間のような感覚があるものです。また、お互いの違う部分や似たような部分に対して認め合っていたりもします。

ママ友とは、残念ながらこうした時間や感覚を共有することで友達になったわけではありません。たまたま同じ年代の子供がいることで顔見知りになったと言っても良いかも知れません。

そのため、その関係の間にはお互いの違う部分や似た部分を認め合うという感覚は希薄と言っても良いかも知れません。

あくまでもお互いに「○○さんのママ」という関係なのです。ですので、子供を介してお互いの関係が築かれているという関係になります。そのため、子供を介しての「利害関係」が存在してしまうようになってしまいます。

普通の友だちとは親しくなろうとお互いに歩み寄りますが、ママ友の場合はトラブル回避のため適当な距離を保つべき関係になります。

ママ友と普通の友だちとの違いはかなり大きいですよね。

◆ママ友づきあいで転職!

20-2

ママ友と普通の友だちとの違いについて見て来ましたが、ママ友づきあいは大変!と思った方も多いのではないでしょうか?

けれども、ママ友づきあいがあったおかげで転職することが出来たという方も実は結構います。どんな転職をすることが出来たのか成功事例をご紹介しておくことにしましょう。

ママ友の紹介でパートとして働き始めたのだそうですが、この方を紹介してくれたママ友が愚痴を言っても他の人に言ったりしないような人で、既に仕事仲間の人たちと良い関係を築いていた点がとてもラッキーだったようです。

最初から職場の人たちが紹介して入社した彼女に対して大変フレンドリーに接してくれて、とても良い環境で仕事をすることが出来ているそうです。

早朝出勤があった時にも、子供の世話で早朝出勤出来ない彼女に代わって、ママ友が早朝出勤を行なってくれたりしてくれる関係が築かれているそうです。

紹介されて働くようになった彼女も、紹介してくれたママ友に迷惑をかけないよう一生懸命仕事をしているのだそうです。仕事も楽しいのでとても満足しているとの事です。

この成功例からも分かるように、仕事を紹介してくれるママ友が信頼出来る人であれば、入社後も良いアドバイザーになってもらえて良い転職になる可能性は高いと言えるのかも知れませんね。紹介された方も紹介した方も、お互いに更に良い信頼関係を築くためのキッカケに仕事の紹介がなっているようです。

◆ママ友づきあいで転職した際に注意すること

それでは、ママ友から紹介されて転職した場合、どんな点に注意をすれば良いのでしょうか?次の点に注意する必要があります。

・自分にとって良い仕事であるとは限らない

その人にとって良い仕事があなたにとっても良い仕事であるとは限りません。良い仕事の基準は人によって違います。ある人にとっては給与が高い仕事が良い仕事かも知れませんが、ある人にとってはラクな仕事が良い仕事かもしれません。自分にとって良い仕事とは何か再確認した上で、仕事の内容や待遇面についてシッカリとチェックしておくことが必要と言えそうです。

・紹介者の顔を潰してしまうことになるので辞めにくい

仕事を紹介された場合、紹介者の顔を潰してしまうことになるので、辞めにくいと感じてしまうことがあります。けれども、その仕事が自分に向いているかどうか働いてみないと分からない場合もありますので、そのリスクは理解しておく必要があります。

・一緒に仕事をすることによって生じるリスクもある

また、ママ友と一緒に仕事をすることになって、仕事の先輩と後輩という関係を持ち出してしまう方も稀にいます。そうした関係を持ち出してしまう可能性がある場合は、上下関係のようなものが出来てしまうこともありますので、仕事を始める前にその辺りのことを見極めておくことが大切かもしれません。

転職の際に紹介がある場合は採用率がアップする傾向にあります。けれども、あくまでもその職場で働くのはあなた自身ですので、入社した後で紹介者のママ友に迷惑をかけてしまうことのないように仕事内容や待遇についてはキチンと確認して、自分に向いた仕事かどうか慎重に判断してから決めるようにすることをおススメします。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【就職・転職】その他の記事

就職・転職
もっと見る