注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

スーパーマンならぬ「スーパーママ」の休日の過ごし方

仕事

2019.01.26

61-1

平日は、朝から晩まで働くママも増えてきています。仕事のこと、家のこと、子どものこと、自分のこと……。「全然時間がない!」なんて、叫びたくなることもありますよね。

こんなときには、世の中のスーパーマン……いえ、「スーパーママ」たちの生活をマネしてみましょう! 毎日を効率よく生活するために、スーパーママたちが休日に行っていることをまとめます。

平日用おかずは「作り置き」と「買いだめ」で賢く手抜き

お仕事ママにとって、もっとも忙しい時間帯となるのが、「平日の夕方から夜にかけて」です。中でも「食事の用意に手間がかかる!」と感じている方は多いはず。

子どものためには栄養バランスの良い食事を用意してあげたいけれど……なんせ時間がない! 余裕もない!と感じているママも多いですよね。

こんな事態を避けるためのコツは、ずばり「休日の時間の使い方」にアリ。スーパーママたちは、休日に平日分のおかずの作り置きをしておきます。

とはいえ、「全てを完璧にこなそう!」と頑張り過ぎる必要はありません。

・野菜をカットして、ジップ袋に入れておく
・野菜を茹でて冷凍しておく
・常備菜を多めに作って、タッパーに入れておく
・肉や魚を下ごしらえして、タレに漬け込んでおく

たったこれだけでも、平日の夜の手間は激減します。野菜と肉を炒めれば、あっという間にメイン料理が完成しますし、茹でた野菜は副菜にも、時短スープにも使えます。

野菜類の準備や常備菜をしておけば、「メインはスーパーのお惣菜」だとしても、あっという間に食卓は完成します。野菜類をプラスすることで、栄養バランスも整いやすくなりますよ。

また、1週間分の献立を決め、休日の間に買い物を済ませてしまうのもオススメの方法。買ってきたものをそのまますぐに下ごしらえする方式なら、継続しやすくなるでしょう。自然と「夕食のメニュー作り」までをこなせてしまいますから、平日の時短家事につながります。

まとめ買いをするときには、ぜひ「突発的な事態が起きたとき用の緊急避難食材」を用意しておきましょう。急な残業や子どもの体調不良など、スケジュールが乱れてしまったときでも、余裕を持って対応できます。

保存に適した食材を選べば、「使わなければ、次週に持ち越し」でOK。非常食としても使え、無駄にもなりませんよ。

まとめ掃除で快適さキープ

仕事だけを頑張るのではなく、快適な家をキープしているのも、スーパーママたちの特徴の一つ! 「いったいいつ掃除をしているの!?」なんて、気になることもありますよね。

スーパーママたちの掃除は、「休日のまとめ掃除」と「平日のながら掃除」が基本です。平日は「お鍋を見ている間に、ちょっとそのあたりを拭くだけ」に留めておいて、溜まった汚れは休日にまとめて片付けていきます。

このときのコツは、自分一人で頑張らないこと。床の雑巾がけや窓ふきは、子どもと一緒に楽しみながら行うのもオススメです。面倒に感じがちなお風呂掃除も、昼間から入浴し、そのついでに行えば、立派な気分転換になります。

ただし、「どこもかしこも完璧に!」と頑張り過ぎると、貴重な休日をまるっと費やしてしまうことに……。バランスの良いスーパーママを目指すなら、「まぁ今日はこのくらいで。続きはまた来週!」と割り切ることも大切です。

子どもとの触れ合い時間もしっかり確保

平日を忙しく過ごすママたちにとって、子どもたちとゆったり過ごせる休日は、特別なもの。もちろん子どもたちにとっても、それは同じことですよね。

休日に子どもとしっかりと向き合い、愛情を伝えることで、忙しい平日でも、子どもの情緒は安定しやすくなります。子どもを味方にできれば、忙しい平日の夜も、物事がスムーズに進む可能性が高くなるでしょう。

とはいえ、「子どもと触れ合わなきゃ!」と意気込む必要はありません。子どもにとっては、「一緒にお買い物に行く」「ただゆっくりと話す」「ときには一緒にお昼寝をする」なんて、何気ない行動であっても、大切な触れ合いタイムとなるでしょう。

ゆったりとした気持ちで子どもの話に向き合い、愛情を伝えることが大切なのですね。

次の1週間を乗り切るための自分メンテナンス

61-2

平日を、朝から晩まで頑張るお仕事ママたちにとって、休日は「日ごろの疲れをとるための貴重な時間」でもあります。忙しい毎日の中でも快適な生活を忘れないスーパーママたちは、休日のどこかで、自分自身の心と体を休める「自分メンテナンス時間」を確保しているケースも少なくありません。

・近所のジムで体を動かす
・一人でゆっくり読書をする
・週末だけは思い切り朝寝坊
・お気に入りのカフェで雑誌を読む

一見、「無駄だな」と思ってしまいがちな時間ですが、人間が効率よく働くためにはメリハリが重要! 休日の間に心と体を休めることができなければ、ボロボロの状態のまま、次の1週間がスタートしてしまいます。

どんな行動が、自身の心と体を癒してくれるものなのか、ぜひじっくりと検討してみてくださいね。休日のたった1時間だけでも、「自分のための時間」を持つことが、スーパーママを継続していくためのコツとなります。

スーパーママを目指すなら、まずは「休日」の第一歩から!

メディアや雑誌に登場するスーパーママの姿を見て、「私とは全然違う……」なんて落ち込んだ経験はありませんか? あまりにも完璧な姿を目の当たりにすると、「私には無理だ」と、諦めたくなってしまいますよね。

しかし、すぐにスーパーママになれなくても大丈夫です。まずは休日にできることを、「一つだけ」でも試してみましょう! その成果が平日の「スッキリ」につながれば、次のモチベーションも自然と湧いてくるはずです。

働く自分のこと、子どものこと、家族のことを大切にしながら、心地の良い「毎日」を作り上げていけると良いですね。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る