2019.08.02

複雑な集計が簡単に!Excelのピボットテーブルとは

日々の業務のなかで、Excelで資料作成を求められるという方は多いのではないでしょうか。求人の募集事項にもExcelを使えることが必須と書かれているケースも。

関数をはじめ、Excelにはさまざまな機能があることは分かっていても、いまいちよく分からず、文字を打ったり、枠を付けて表っぽくすることくらいならできる…という方もいるのでは?

そこで、資料作成を頼まれたときや、もっと簡単に効率よく仕事ができる方法はないかな?と思ったときに便利なピボットテーブルという機能をご紹介したいと思います。

 

ピボットテーブルの使い方をマスターして仕事を効率化!


そもそもピボットテーブルとは一体なんのことなのでしょうか。

Excelにはグラフや図といったExcelならではの機能がありますが、ピボットテーブルはそのExcel機能の一種です。グラフと同じく、集計した結果をわかりやすく表示するために使用されます。

例えば、売り上げの資料を作成する際、月ごとの売り上げや、顧客ごとの売り上げなど、項目ごとに集計する場面があるかと思います。その際、膨大な量のデータをひとつひとつを見て確認していくということはあまりないでしょう。。

そういう場合に役立つのがピボットテーブルです。項目ごとに集計結果を出してくれるので、作業の手間がかなり軽減されます。


ピボットテーブルを活用するのにまず必要なのは?


どんなものなのかを聞いて、ちょっと便利かもしれないと思った方もいるかもしれません。でも、操作方法が難しいんじゃないの?と心配になりますよね。しかし、実は簡単に作成することができるのです。

まずはデータベース形式の表が必要です。こちらの表は1行目に項目名が入力されている必要があります。例えば、月ごとの売り上げの集計結果が知りたい場合、まずは日付ごとの売り上げや明細が入力された表を作成します。

次に、表の中にあるセルを1つ選択します。選択するセルは表の中にあるセルであれば、どのセルを選択しても問題ありません。すると、ピボットテーブルの作成という小窓が開きます。この中にテーブル範囲というものがありますが、すでに設定されているので、そのままOKを押します。

この作業を終えるとピボットテーブルが出てきます。たった2つの工程だけで、意外と簡単に作成できてしまいます。

 

>>面倒な集計が手軽にできる!具体的な活用法

佐藤 仁美

佐藤仁美です。
仕事をしながら子育て中です。日常にある疑問や発見を調べて解決して、記事にまとめています。