2019.07.06

時代の転換期か!?三井住友銀行が「Tシャツ&ジーパン勤務」を許可

銀行員の威厳がなくなる!?“スーツのメリット”を語る人続出


しかし“ドレスコード廃止”に対して、否定的な声も少なくありません。「“銀行員=お堅い”というイメージを崩すのは良くない」という意見もチラホラ。例えば、「Tシャツとジーパンはラフ過ぎる印象。ポロシャツくらいがちょうどいい」「お堅いイメージがあってこその銀行員だと思う。ジーパンほどカジュアルになっちゃうと、印象が悪くなりそう」などのコメントが上がっていました。

 

他にも、「私服になると、スーツを着た時の“スマートさ”が失われる」という不満の声も。他には「スーツによって頼もしさがあったのに、私服だとその効果が薄れる気が…」「カジュアルに寄り過ぎれば信頼感を失う可能性もある」といった声が寄せられています。

 

多くの意見が寄せられた中で、銀行員の奥さんから「旦那のファッションセンスのなさがバレてしまう…」「ダサい服装によって信頼を失ったらどうしよう」とリアルなコメントが。ドレスコード廃止のデメリットを不安視する人も多いようです。

 

>>NEXT “オフィスカジュアル”を断念している会社も…

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。