2019.07.06

時代の転換期か!?三井住友銀行が「Tシャツ&ジーパン勤務」を許可

最近では、スーツではなく“カジュアルな服装”を認める企業が増えているそうです。今年6月、三井住友銀行は夏限定で行員の“ドレスコード”を廃止することを発表。銀行員の“ドレスコード廃止”に対しては、さまざまな意見が寄せられています。


三井住友銀行が“ドレスコード廃止”を試験的に実施


三井住友銀行のドレスコード廃止期間は、7月から8月末まで。営業担当ではない本社勤務の行員およそ3500人が対象となります。今まではスーツでの出勤が規則でしたが、ドレスコード廃止中はTシャツやジーパンでの勤務が可能に。服装を自由にすることで、新たな環境づくりを図るのが狙いのようです。

 

三井住友銀行の新たな試みを知った人からは、「働いてる側からすればありがたいのでは? スーツだと動きにくいよね」「カジュアルな服装だと雰囲気が柔らかくなるかも」「暑い夏にスーツを着なくていいのは、かなり嬉しいことだと思う」といった反響の声が。

 

中には、「窓口の人も私服になるの? ジーパンだとカジュアル過ぎる気がします」と懸念する人もいました。しかし報道によれば、窓口などで対応する行員は対象外。ドレスコード廃止中に行員の反応などを見極めて、来年度以降には営業部や全国支店への展開も検討する予定です。

 

>>NEXT “ドレスコード廃止”のデメリットは?

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。