注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

もう仕事を辞めたい…沸き起こる葛藤を抱えた女性に世間の声は

仕事

2019.05.27

20190524taekata01働いていると「辞めたい」と思うこともありますよね。しかし金銭面などの様々な不安や、「辞めるのはもったいない」という理由で退職を躊躇う人も。葛藤を抱えた女性たちは、どのように辛い状況を堪え忍んでいるのでしょうか?

 

「辞めたい」と思った仕事はどうすれば堪えられる?


医療業界に転職したばかりだという女性は、「あまりに業務が多い」と明かしています。さらに覚える医療知識もたくさんあるらしく、息をつく間もないようす。「先輩に相談してみましたが、みんな『仕事を覚えたらあとは楽だから』と言います。これから先どうやって堪えるべきか…」と深刻な悩みを吐き出していました。

 

お悩みの声を受けて、まず上がっていたのは「無理に堪える必要はない」という意見。「収入に問題がないなら転職したほうがいいと思う。頑張ってるときって意外と自分のことが見えなくなるから、『堪えなきゃ』って考えがちだけど…」「お金のことを考えて自分を追い込まない方がいいよ。どんな仕事でも、健康な体と心があってこそ!」といった励ましの声が寄せられています。

 

また仕事を辞めたいと思ったときの、様々な堪え方も上がっていました。「転職活動の辛さを考えると『もう少し頑張ろうかな』と思えるよ」「まずはボーナスが出るまで、次は長期連休まで… というふうに考えると長続きする」「休日にスポーツやカラオケに行ってストレスを解消するのもアリ」などの方法が。

 

まず悩みを上司に相談すべき?


堪え方や励ましの言葉が寄せられる中には、「どんな仕事でも1度は辞めたくなるもの」という指摘も見られます。「仕事ってうまくいくときと、いかないときの波があるよね。その落差で『辞めたい』と思うこともあるけど、越えれば楽しくなる」「私は定期的に辞めたくなる(笑)。ただ、『どうしても無理!』というほどではないのでなんとか堪えてます」といった意見が上がっていました。「辞めたい」という気持ちは一時的なものなのかもしれません。

 

さらに「辛いと思っていること」を上司に相談することも重要だそうで、「仕事を続けるにしても、もし同じ状況が続くならまた辞めたくなるはず。状況が改善するように、上司と相談したほうがいいのでは?」「堪えようと決めても、辞めたいと思っている中仕事を続けるのは無理がある。私は上司に相談して、気持ちが楽になったよ」などの声が。

 

■仕事を辞めたくなる理由って?


では実際に「仕事を辞めたい」という人は、どういった悩みを抱えているのでしょうか? エン・ジャパン株式会社が実施した、「アルバイト・仕事を辞めたいと思った瞬間」に関するアンケート結果を見ていきましょう。

 

はじめに「アルバイト・仕事を辞めたいと思った理由は何ですか?」と質問したところ、52%の人が「人間関係に悩んだ」と答えています。また「業務の量・時間が膨大」という回答が30%、「仕事内容が合わない」ことについて悩んでいた人は23%という結果に。

 

続いて“辞めたいと思ったとき、相談する相手は誰か”を聞くと、1番多かった回答は「友人・知人」で53%を占めていました。次いで「家族」や「職場の人」があげられる一方、「特にいない」という人も20%。悩みを1人で抱えてしまう人は意外と多いようです。

 

そこで同アンケートでは次の仕事を探す際、“教訓にしたいこと”を聞いていました。やはり「妥協せずに希望条件にあう仕事を探す」「希望条件の優先順位を変える」といった、“希望条件”にまつわる回答が上位に。しかし6位には、「選考段階で自分を偽らない」が13%の割合でランクインしています。

 

仕事を辞めるかどうかは、まず自分の状況を整理してから決めた方が良さそうですね。

 

文/長谷部ひとみ

 

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る