注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

嫌いな野菜をせっせと仕分け… 旦那の〝好き嫌い〟が子どものしつけに悪影響!!

仕事

2019.05.23

子どもにはできる限り好き嫌いせず、バランスよく食べてほしい。そう願うママは多いと思います。だからついつい「好き嫌いしないの!」なんて叱ってしまいますが…お話を聞いたママによると「旦那がやってるからしめしがつかない」とか。子どもの前でも「あれが嫌い、これが嫌い」と好き嫌いを隠さない〝お子ちゃま夫〟、子どものしつけにも悪影響が出る、その実態とは?!

 

 

■「好き嫌い専用」特別メニュー(みほさん/35/研究職)

Unhappy boy with a broccoli

iStock.com/Eva-Katalin

うちの旦那はとにかく魚が嫌い。焼き魚、煮魚、刺身、唐揚げ…どんな料理にしても受けつけてくれません。そのかわり、大好物は「肉」。肉おかずがない日は、まともにご飯を食べようともせず「え、なんで肉ないの?」と偉そうに聞いてきます。

でも、子どもには魚だって食べさせたいですよね。でも、子どもたちに魚料理を用意する日は、別途、旦那用の肉料理を作っておかなければなりません。メニューがひとつ増えるだけで、時間も手間も、結構かかって大変です。

好き嫌いのためにわざわざ専用メニューを用意するなんて、子どものしつけ的にもよくないですよね。しかも自分せいで私に負余計な負担が生じているのに、当たり前のようにご飯を食べることもムカつきます。

最初の頃は「わざわざ俺のために用意してくれたんだな、ありがとう」のひと言くらいはあったのに。いまではスマホをいじりながら、無言でモシャモシャ食べるだけ。せめてちょっとは、感謝したらどうなんですかね。

 

■「爆弾処理班」に弟子入りする息子たち(さゆりさん/ 38/ パート)

Shopping bag full of fresh vegetables and fruits

iStock.com/AlexRaths

ピーマンやニンジンがまったくの苦手、まるで子どものような好き嫌いをするうちの旦那。野菜炒めやカレーを食卓に並べると、まるで爆弾処理班のような手つきで、自分の嫌いな野菜だけを器用に取り出していきます。

もちろん取り出した野菜はひと口も食べず、もったいないのでいつも私が食べています。困ったことにそのせいで、6歳と4歳の息子たちも真似をして好き嫌いするんです。3人揃ってそれぞれの嫌いな野菜たちを、せっせと仕分け作業。

「せめて子どもの前では食べてよ」と言っているのですが、「それなら俺の嫌いなものを入れるな!」と子どもじみた反論をされます。旦那の嫌いなものが多すぎて、全部避けているとまともに料理を作ることができません。

子どもたちに「好き嫌いせずに食べなさい」と言っても説得力はまったくなく、「だってパパもしてるじゃん」と返されるだけ。その通りなので反論もできません。このままだと、3人全員の好き嫌いにつき合うハメに…!? 頭を悩ませています。

 

■チキンに「チキン野郎」な旦那(りかこさん/40/医療事務)

Raw marinated chicken meat, chicken legs

iStock.com/YelenaYemchuk

うちの旦那は鶏肉が大嫌い。豚肉や牛肉はモリモリ食べるのですが、なぜか鶏肉だけは絶対に受けつけないのです。鶏肉といえば安くておいしいし、唐揚げやチキンライス、照り焼きなど、定番メニューもたくさんありますよね。

それなのにどれも、断固拒否。ただでさえ毎日の献立に悩んでいるのに、さらに限定されてしまうんです。そしてもうひとつ辛いのは「食べるだけじゃなく、見るのも無理」と言ってくること。

外食したときに私や子どもが鶏の唐揚げを注文しようとしたら、「頼むからやめて、寒気がする」なんて言われます。「食べ終わるまで、こっち見なきゃいいじゃん」と言っても、「そこに鶏肉があると思うだけで無理!」なんだとか。

旦那の前では、鶏肉を食べることも許されない私たち。旦那がいないときしか味わうことができません。「クリスマスの丸焼きチキン」なんて、わが家では絶対に実現しないでしょう。

Sweet and tender simmered pork,Miso soup,Rice with Japanese radish leaves and potato salad.

iStock.com/Hiromi Kudo

材料の選択肢が狭まれば、献立作りも調理も大変。別メニューなんて作った日には、家計にだって響きます。でももっと困りものなのは、子どもへの悪影響。「パパがやってるからいいんだ」と思ってしまうと本当に困りますよね。ここはひとつ子どものためにも、一緒にしつけしてみますか(笑)?

 

ライター:楠 ゆず
娘と夫、茶トラの猫の3人1匹で暮らすフリーライター。思い切ってマンションを購入し、ローンパラダイスへ突入中。幼児教育にハマってしまい、興味をもった教材は手に入れないと気が済まない。おかげで家には教材の山が…。断捨離欲と収集欲の葛藤に悩む日々です。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る