注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

年収が20万円UP!?「ありがとう」と感謝を声で伝える人の幸福度がもたらす価値

仕事

2019.03.23

20190319arigatou01ゴディバ ジャパン株式会社が、「ありがとう」に関するアンケート調査を実施。大切な人に「ありがとう」と伝える頻度や方法と、日頃から「ありがとう」と伝えることの効果が明らかになりました。

 

「ありがとう」を声に出すのは1日平均9.7回


まず「恋愛の相手・パートナー」、「家族」、「友人」、「仕事関係」、「(接客業の人などの)お客様」に対して「1日に『ありがとう』と伝えている回数」を調査。「メール・SNS」などの方法も含めて合計したところ、平均14.1回でした。

20190319arigatou02

 

20190319arigatou03

一方「『ありがとう』と声に出して言う頻度」は1日平均9.7回になり、「メール」等のテキストを含む場合から4.4回も減少。全体でみると最も多かったのは「20代女性」で、平均16.8回です。次いで第2位「40代男性」(14.9回)、第3位「40代女性」(12.3回)という結果に。比較的40代の人が声に出して「ありがとう」と伝えていることがわかりました。少ないのは男女ともに60代で、特に「60代男性」は1日平均2.4回で最下位になっています。

 

20190319arigatou04

次に「普段『ありがとう』を伝えている相手は誰ですか?」と質問。男性が「ありがとう」を伝えている相手の1位は「家族」で58.8%でした。男性の2位以下は「恋愛の相手・パートナー」(56.4%)、「仕事関係」(53.2%)、「友人」(46.4%)となっています。女性の1位は男性と同じく「家族」(79.6%)でしたが、2位が「友人」(68.4%)に。次いで「恋愛の相手・パートナー」(56.4%)、「仕事関係」(54.0%)になりました。

 

「ありがとう」と伝える効果


「ありがとう」と声に出すことは、「人生の幸福度」に違いがあるようです。同調査では、1日に“平均4回以上”声に出して「ありがとう」と「伝える人」と「伝えていない人」を比較。「幸福度」を10点満点とした場合、声に出す回数が“4回未満”の人は6.0点、“4回以上”の人は7.1点でした。また平均年収についても“4回未満”の人が「349.9万円」なのに対し、“4回以上”の人は「371.0万円」。「声に出して『ありがとう』と伝える人」の方が、平均年収が20万円以上高いとわかりました。

20190319arigatou05

 

20190319arigatou06

「恋人や配偶者などのパートナーに感謝していますか?」と尋ねたところ、「感謝している」と回答した人の割合は92.4%。続いて「ありがとう」と言葉にして「伝えている人」と「伝えていない人」を比較しました。パートナーとの仲について「伝えている人」の96.3%が「仲がいい」と答えています。一方、「伝えていない人」で「仲がいい」と答えたのは46.6%のみでした。また「パートナーとの仲の満足度」について、「伝えている人」は10点満点中8.2点、「伝えていない人」は5.8点という結果に。「ありがとう」を伝えることは、パートナーとの関係性に大きな影響を与えるようですね。

 

■調査概要
調査対象:20~60代の男女計500名
調査方法:インターネット調査
調査期間:2019年2月9日~2019年2月11日
※ゴディバ ジャパン調べ

 

文/原田美咲

 

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る