注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

働く女性の9割が重視したが雰囲気の良い職場の条件とは!?

仕事

2019.01.08

20181214syokuba01エン・ジャパン株式会社が、「エンウィメンズワーク」上で女性328人を対象に「職場の雰囲気」に関するアンケートを実施。9割の女性が「転職活動で職場の雰囲気を重視する」と回答したことがわかりました。

 

転職で重視する点は“雰囲気”が1位に!


まず「転職活動において、職場の雰囲気に関する情報を重視しますか?」と質問。その結果、92%の人が「重視する」(非常に重視する:43%、まあまあ重視する:49%)と回答しました。年代別に見ると、20代は30代・40代に比べて「非常に重視する」(57%)との回答が多くなっています。

20181214syokuba02

 

20181214syokuba03

次に「転職活動において、職場の雰囲気をイメージしやすくなるのはどのような情報ですか?」と聞いたところ、トップ3は「一緒に働く人の様子」(81%)、「職場の平均年齢」(44%)、「職場の男女比」(36%)という結果に。年代別に見ると、20代は「産休・育休からの職場復帰率」(37%)に多くの回答が集まりました。そのほか、30代は「産休・育休の取得率」(19%)、40代は「職場の平均年齢」(55%)といったポイントを重視している人が多いようです。

 

職場の雰囲気を良くするための取り組みとは?


続いて「どのような職場の雰囲気を“良い”と感じますか?」と質問。最も多い回答は「挨拶がきちんと交わされている」(84%)になりました。回答者からは、「会話はなくても、挨拶は最低限のコミュニケーションとして必要だと思うから」(27歳)、「朝の挨拶があるだけで、一日が気分良く始められる」(32歳)などの声が寄せられています。

20181214syokuba04

 

次いで多かったのが「互いに助け合っている」(81%)。回答者からは「どんな仕事も、チームワークが大事だと思う」(24歳)、「お互いにフォローし合えるということは、信頼関係ができている証だから」(37歳)といった声が上がっていました。

 

20181214syokuba05

さらに「職場の雰囲気を良くするために、ご自身で行なっている(行なっていた)こと」を調査。その結果、68%の人が「ある」と回答しました。では職場の雰囲気を良くするため、具体的にどのような取り組みをしていたのでしょうか。

 

<職場の雰囲気を良くするための取り組み>
「小さな事でも積極的に誉めたり、お礼の声かけをしています」(25歳)
「“挨拶活性化委員会”を作り、社内で挨拶する風土づくりをした」(27歳)
「私用などで休む人がいても、不満を持たずに、お互い様だと考えます。仕事がまわらないなどの影響がある場合は、休む人にではなく、会社に対してスタッフを増やすなどの改善を求めます」(29歳)
「役職関係なく、全員で社内の掃除を行なっています。協力して掃除をすることで、会話が生まれ、雰囲気も良くなります」(29歳)
「普段仕事の関わりがない人とも積極的に会話をする。そこから業務に繋がる話題が出たり、必要な情報を得られることもある。また自身も常に人から話しかけられやすいよう、笑顔を心がけている」(33歳)
「朝礼で、その日が誕生日の人を発表。みんなでお祝いしています。その日1日、みんなから『おめでとう』と声をかけられている姿は、本人だけでなく周りも幸せな気持ちになります」(34歳)
「“サンクスカード”という制度があります。何か感謝をしたいときは、メールでサンクスカードを送って、気持ちを伝えています」(39歳)
「忙しくても、イライラした態度を取らないよう心がけています。また、一緒に働いている人が困っていたり大変そうな時は、積極的に声をかけて、手伝います」(44歳)

 

職場の雰囲気は、仕事に取り組むうえで非常に大切なもの。職場の雰囲気を良くしようと、自ら行動する人も多いようですね。

 

■調査概要
調査方法:インターネットによるアンケート
調査対象:「エンウィメンズワーク」を利用するユーザー
有効回答数:女性328名
調査期間:2018年9月13日~10月17日

 

文/原田美咲

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る