注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

基本給とボーナスは全員一律?話題の会社「ZOZO」の裏側に潜入

仕事

2018.10.30

20181029_clothes_01先日、月旅行へ行くと発表した「ZOZO」の前澤友作社長。会社の業績も好調のようで、彼の発想から生み出される数々のサービスは毎度世間を騒がせています。そこで今回は、話題に事欠かないZOZOの秘密を解き明かしていきましょう。

 

ZOZOで働く社員さんたちも個性的?


今年の10月に放送された『ビビット』(TBS系)では、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOに潜入。今をときめく会社の裏側が明らかになりました。

 

前澤社長といえば、123億円をかけてジャン=ミシェル・バスキアの絵画を落札するほどアート好き。数千万円を超える私物の芸術作品が、会社の至る所に飾ってあります。100点近くある作品群を抜けてオフィスフロアを覗いてみると、私服姿の社員さんたちが登場。アパレル関係の会社だけあって奇抜なファッションの人が多く、中には「好きな格好で働けるだけで楽しいので、十分自由に働かせてもらってます」という社員さんも。

 

ちなみにZOZOの給料形態は、役職に関係なく基本給とボーナスが全員一律。これは前澤社長の「同じ給料でもみんな一生懸命頑張ってくれる」といった考えから決まりました。また給料には“それぞれの働き”や“役割に応じた手当”の他、幕張に住んでいるスタッフに毎月5万円を支給する“幕張手当”などがあるそう。

 

画期的なサービスと連動した新アイテム・ZOZOSUIT!


番組では、現在大きな話題を呼んでいる「ZOZOSUIT」についても教えてくれました。ZOZOSUIT は、全体に“ドットマーカー”が施されたタイツのようなアイテム。これを着用してスマートフォンの専用アプリを使用すると、首回りや肩幅、ヒップ、股下など体のサイズが測れます。

 

ZOZOSUITでサイズを計測すると、サイト内の商品から体型に合ったものだけを表示するサイズ検索が使用可能。さらに「おまかせ定期便」のサービスでは、ファッションの好みと体型データを分析して似合うコーディネートを定期的に届けてくれます。その中から気に入ったものを購入し、あまり好みと合わなかった場合は、返品しても手数料はかかりません。

 

これまでにはなかった画期的なサービスを生み出していくZOZOに、「ホントに面白いことしてると思う。前澤社長が月に行くほど稼げるのも分かるよ」「ZOZOSUITはスゴいよね。サイズ検索の機能とか画期的過ぎる」「これからのファッション業界はZOZOが牽引していくのかも」「取り扱ってるブランド数も多いし、文句のつけどころがないな!」と反響の声が続出していました。

 

店舗×オンラインストアでより便利に利用できるユニクロ!


ネット通販の全盛時代を迎え、「ユニクロ」もオンラインストアのサービスを強化しています。例えばユニクロの店舗で品切れしていたり一部店舗でしか取り扱いがない商品が欲しい場合、店舗からオンラインストア経由で購入可能。購入した商品は店舗に届くので、受け取った後にすぐ試着することもできますよ。

 

またオンラインストアで購入した商品を、近くのユニクロ店舗受け取りにすると送料が無料。サイズが合わない、イメージと違ったという時は、その場で返品・交換もできます。試着した後で裾上げのサービスも受けられるため、オンラインストアと店舗を組み合わせればお買い物もスムーズに。

 

便利なサービスを駆使することにより、自分の中にあるファッションの世界も広げられそうですね。

 

文/河井奈津

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る