コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

職場がパニック「責任者を出せ」で上司を呼びに行くべきなのか!?

仕事

2020.10.20

許してもらえる確率が上がる謝り方

“責任者出せ”問題に対する対処法を見てきましたが、できれば穏便にクレーム対応を処理したいですよね。ここからは、責任者を呼ぶ前に活用できそうな“効果的な謝罪方法”を紹介していきます。

 

メンタリストのDaiGoさんは以前、自身のYouTubeチャンネルで「最高の謝罪〜効果的な謝罪と仲直りのベストタイミングとは」の動画を公開しました。DaiGoさんの説明によれば、効果のある謝り方は“自分の責任を認める”こと。謝り方は“何が悪かったか説明する”“許しを求める”など様々なパターンがある中、素直に「私が悪かったです」と謝った方が許してもらえる可能性が高いそうです。

 

ちなみに2016年にオハイオ州立大学がおこなった検証実験では、「自分の責任を認める」「問題解決策を提示する」が効果的な謝罪方法という結果が出たそう。2つの謝り方を組み合わせれば、客の怒りを鎮められるかもしれませんよ。

 

接客業務の中でも特に負担が大きいクレーム処理。必ずしも謝罪する必要がない場合もありますが、対応時に慌てないよう、今回取り上げた対処法を参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事:

「手ぶらで謝罪に行くな」の想像以上に深い意味

妻にどう謝罪すれば…夫婦喧嘩の終結法「結婚5年目だからわからない」

 

文/河井奈津

参考/メンタリスト DaiGo 最高の謝罪〜効果的な謝罪と仲直りのベストタイミングとは⭐️ https://www.youtube.com/watch?v=IWtjhh1elzA

2 / 2 ページ
あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る