コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

コメダ珈琲と大和証券がコラボ!?社会を勝ち抜く新たな戦略

仕事

2020.08.03

すかいらーくの壮大な展望とは?

続出している異業種の企業タッグですが、今後はどのようなものが誕生していくのでしょうか? 今年1月放送の『Live News α』(フジテレビ系)は、企業のトップに“もし異業種タッグを組むならどこなのか”をたずねていました。

 

飲食店を運営するすかいらーくホールディングスの社長は“物流とタッグを組みたい”と回答。すかいらーく独自のネットワークを拡大し、日本のインフラ整備を改善して日本の成長につなげていきたいと展望を語っています。

 

さらにメルカリの会長は小売り店舗と手を組みたいと明かしました。メルカリユーザーがより気軽に出品できるよう、小売り店舗にメルカリをアピールしてもらいたいそうです。

 

様々な企業のトップが異業種タッグに関心を示しているので、これからも意外な企業同士がタッグを組むかもしれませんね。

 

関連記事:嵐電とヤマト運輸がコラボ!?お客さんを乗せる車両が荷物も運ぶ「貨客混載事業」

 

文/内田裕子

3 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る