コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

業務を抱えすぎた同僚が終業前に大騒ぎ…“とばっちり残業”の回避法とは?

仕事

2020.06.18

新人がやるべき業務を抱えたままの人まで!?

同様の問題を抱える人のなかには、本人に直接指摘する以外に、上司などに相談する人も多く見られました。ネット上では、「業務はできるだけ分散させたほうが誰もが有休もとりやすくなるだろうし、会社のためになると思うって上司に相談した」「状況が悪化すると、業務を抱え込んでる人の残業が常態化する可能性もある。その人のメンタルにも影響が出るし、上司や先輩にも掛け合ってみては?」などの声が。

 

一方で、業務をたくさん抱えがちな人は上司からの信頼が厚い場合もあるよう。確かに業務によっては、上司が「この人になら任せられる」と納得しない限り、別の人に簡単に任せられないものもありますよね。こういった、いわば“専任業務”を抱えすぎている人に対しては、「『仕事量が明らかに多すぎるなら、自分から上司に相談してみたらどうかな?』と面と向かって提案する」というアドバイスも寄せられていました。

 

逆に、本来なら新人に引き継ぐべき業務をなぜか1人で抱えつづけている人もいるようです。ベテランが担当した方が確実という利点はありますが、ベテランにはベテランにしかできない業務があるはず。「新人だって新しい業務を経験していかないと次のステップに進めない。早めに現状を上司に報告して、指示をもらったほうがいいよ」と提案する人もいました。

 

>>NEXT 業務がキリよく終わらず残業するパターンも…

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る