注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

今さら聞けないスマートオフィスって?働き方改革にも繋がる新時代のオフィス

仕事

2020.05.31

スマートオフィスが「働き方改革」を進める?

場所や時間に縛られない勤務体制によって柔軟な働き方ができるということは、「働き方改革」にも繋がります。

 

働き方改革を通して、特に見直されるべきとされるのは次の3つです。

 

①非正規雇用労働者の待遇差改善

非正規雇用労働者の多くは、正規労働者より給与や保険など待遇が充分ではありません。

 

その現状を変えるため、どのような雇用形態を選択しても同一の給与を得られるよう、非正規雇用労働者の待遇を改善して正規労働者との差を無くそうというものです。

 

メリットとして、誰でも平等にスキルアップや昇進できる機会が与えられるよことが挙げられます。

 

②長時間労働の見直し

日本では過労死があとを絶たず、長時間労働問題は深刻化しています。労働者の健康のためにも、時間外労働時間の上限を月45時間・年360時間に定めるなど、労働時間の見直しが必要になります。

 

これによりプライベートの時間が確保され、ワークライフバランスを保ちやすくなります。

 

③多様な働き方に合わせた環境作り

仕事の多くは勤務場所と勤務時間が指定されており、子育てや介護をしている人が働き続けられる柔軟さに欠けています。

 

そこで注目されるのが在宅勤務(テレワーク)です。

 

テレワークによって働けるようになる人が増えるだけでなく、通勤時間の短縮にも繋がり、時間の使い方に余裕が生まれます。

 

 

その他にも最低賃金の引き上げや、ハラスメント防止対策など、様々な形で皆が働きやすい世の中になるような見直しが進んでいます。

 

①〜③を見ていただくと、スマートオフィスが働き方改革に直接的に結びついていることがお分かりいただけるかと思います。

 

>>NEXT スマートオフィスのために必要な物

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る