注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ドアのノック2回はおばさん!?世代でも別れる職場マナーの正解は!?

仕事

2020.06.02

回数よりもその場の状況に合わせたノックを心がけるべき!

ノックの回数に関しては、基準となるマナーはある程度決まっているとの声も。

 

2回のノックは「トイレのドアをノックするとき」と言われ、3回は「家族や親しい友人の部屋をノックするとき」。また4回は「目上の人の部屋をノックするとき」に使うのがよいとも言われているようです。

 

しかしこの基準が“正解”というワケではなく、ネット上には「2回はトイレノックという話を聞いたことがありますが、うちの会社では目上の人に対してもみんな2回ノックです」「就活サイトには、『面接の時には3回ノックするのがベスト』と書いてあるところも多いですよね。4回ノックってあまり聞いたことないですし、実際に叩いた経験もない」といった指摘の声も少なくありません。

 

またノックの回数が問題ではないと考える人も。

 

“その場の状況に合わせるべき”との意見も多く、「室内が盛り上がっていれば4回のノックでも聞こえないことがあるし、静かなら大きな音のノックだとビックリさせてしまう可能性がある。回数ではなく、状況判断して対応する方に重きを置いたほうがいいと思う」「マナーにおいて1番大切なのは、相手を思いやる気持ちです。『3回が正解。2回は不正解』などと思い込まず、相手に不快感を与えないノックだったら問題ないと思いますよ」という声も上がっていました。

 

>>NEXT ビジネスマナーが「必要ない」と思っている人の割合は?

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る