注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

職場のお土産に買ってよろこばれるものは?選び方のポイント解説でもう迷わない!

仕事

2019.07.18

2019.07.20

旅行シーズンには、職場へのお土産を購入する機会も多くなることと思います。お土産は気持ちが大事!とは言うものの……いざ「職場へ持っていく」となると、何をどう選ぶべきなのか、悩んでしまう!という方も多いのではないでしょうか。

職場へ持っていくお土産は、マナーを守って選ぶことが最重要! 職場へのお土産選びで忘れてはいけない、5つの視点を紹介します。


■相手に気を遣わせすぎないこと

職場へのお土産選びで重要なのは、贈られた側にとって、負担にならないアイテムを選ぶということです。金額が高すぎるものは、職場へのお土産には適さないでしょう。「こんな高価なものをいただいて、申し訳ない」と感じる方もいますし、「自分も高価なお土産で返さなければ!」と負担に思う方もいます。

職場にお土産を買っていこうと思う方の中には、社内でお土産を配り合うのが慣例になっているという方も多いことと思います。過去のお土産を思い浮かべながら、相場に合った品物を選択してください。

またお土産の種類もさまざまですが、「後に残る品物」を選ぼうとすると、途端にハードルは高くなります。相手の趣味に合うものを購入できるとは限りませんし、趣味に合わないものをもらっても、相手も困るだけでしょう。お土産を渡す側にとってももらう側にとっても、良くない未来が想像できます。

こうした側面から考えると、職場へのお土産はお菓子などがベストです。食べれば消えてなくなりますし、また手ごろな価格でさまざまな種類を選択することができます。

 

 


■職場での食べやすさをチェック!

職場へのお土産でお菓子を選択するのであれば、「おいしそう!」と思えることも大切ですが、「職場で食べやすいかな?」という視点を持つことも重要です。

職場は家庭ほど、おやつを食べるための道具や環境が揃っているわけではありません。食べるためにお皿やフォークを必要とする場合、余計な手間が発生してしまいます。

またお菓子の性質上、ポロポロと崩れやすいものは、後の掃除が大変になってしまうでしょう。

また職場での食べやすさをチェックする際には、包装の種類についても確認してみてください。職場のお土産は、全員が同じタイミングで食べられるとは限りません。大袋に多数入っているものを選択すると、後から食べる人が残念な思いをすることがあります。

個包装になっているタイプを選択すれば、余計なトラブルを避けやすく、また手軽に手に取りやすいというメリットがあります。


■日持ちしないお菓子はNG

お土産屋さんをのぞいてみると、非常にさまざまな種類のお菓子が並んでいますが、どのぐらい日持ちするのかは、商品によって異なっています。職場向けのお土産であれば、日持ちするお菓子を選択するようにしましょう。

先ほどもお伝えしたとおり、職場でお土産を受け取れるタイミングは、人それぞれで異なります。またお土産をもらった人が、すぐに食べられるとは限りません。消費期限までの時間が短ければ短いほど、もらった側の負担は大きくなってしまうでしょう。

日持ちするお菓子を選んでおけば、お土産を配る際にも余裕をもって行動できます。


■人数チェックは余裕をもって

職場へのお土産にもピッタリなのが、個包装タイプの食べやすいお菓子です。ここで一つ注意しなければならないのが、「人数とお菓子の数のチェック」です。

個包装タイプを選択し、もらえる人ともらえない人が出るパターンは、オススメできません。余計な敵を増やすことにもなりかねないでしょう。

お土産購入時には、職場の人数をチェックして購入する方がほとんどかとは思いますが、イレギュラーな事態が発生することもあります。普段はめったに顔を見せない人がやってきたり、急な打ち合わせでお土産を配る人数が増加したり……。こうした事態が起きることも想定して、職場へのお土産は数に余裕をもって購入するのがオススメです。

お土産が余るようであれば、「お好きにどうぞ」とメモをして休憩スペースに置いておくのも良いですし、自宅で食べるのも良いでしょう。臨機応変に対応できます。

 


■可能であれば味のバリエーションも意識して

最後は、お菓子の味についてのポイントです。お土産で一番大切なのは気持ちですが、せっかくなら、美味しく食べていただきたいところですよね。人にはそれぞれ好みがありますから、できるだけ多くのパターンに対応できるよう、検討してみてください。

ひと箱にいろいろな味のお菓子が入っているのであれば、受け取る側が好みの味を選んでもらうことができます。また職場の人数が多く、複数のお菓子を購入する場合には、「甘いもの」と「しょっぱいもの」を組み合わせるのもオススメです。クッキーとおせんべいを選べば、どちらか一方、好きな方を選択できます。

職場でお土産にうるさい人がいる場合には、その人の好みを意識しつつ、味の種類を選択することも、職場でうまくやっていくためのコツだと言えるでしょう。


■まとめ

職場で配るお土産問題に頭を悩ませている方はいませんか? ちょっとしたコツさえ頭に入れておけば、お土産売り場で選ぶべきアイテムも、自然に見えてくるはずです。

マナーを守った気持ちの良いやり取りで、職場の人間関係を深めていけると良いですね。旅行や出張のお土産は、そのきっかけになってくれることでしょう。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る