注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

パパが育休を取得して「主夫」になった理由

仕事

2019.01.05

84-1

育休制度を使って、育児に専念する方も増えてきていますが、まだまだ「主にママが利用する制度」というイメージもありますよね。国が男性の育休取得を後押ししているとも言われていますが……「現実には難しい!」と感じているパパ・ママも多いのではないでしょうか。

しかし一方で、割合としては少ないものの、男性が育休を取得するケースもあります。育休を取得した男性は、いったいどのような思い、理由で「主夫」になることを決断したのでしょうか。

気になる理由と共に、男性が育休を取得するメリットについて紹介します。

 

■育休を取得したパパたちが語る「理由」とは?

パパの育休取得を検討し始めたときに、まず気になるのが「実際にどれぐらいの人が制度を利用しているの?」という点です。前例が多ければ、その分背中を押してもらえるような気になれますよね。

厚生労働省が2018年に発表したデータによると、2017年度の男性の育休取得率は5.14%でした。女性の取得率は83.2%と比較すると、「想像以上に少ない」と感じる方も多いのかもしれません。しかしこの「5.14%」という数字、1996年度以降のデータを比較してみると、「過去最高」を記録した数字なのです。

男性の育休取得は「徐々に増えてきている途中」ではありますが、世間一般的に見れば、まだまだ「浸透している」とは言えない状況にあることがわかります。

このような状況の中で、5.14%の男性たちがなぜ育休取得を決断したのか、その理由は以下の通りです。

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【産休・育休】その他の記事

産休・育休
もっと見る