注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

育休中のママ友作りにも!育児サークルを活用しよう

仕事

2019.01.09

83-1

育休中は、可愛い子どもと存分に向き合って過ごせることが、魅力でもあります。日々の成長を間近に見ながら、充実した時間を過ごせるのかもしれませんね。

しかし「子どもと向き合って過ごす時間」は、決して楽しいだけではありません! 一人きりで不安なこと、大人とのコミュニケーションが足りず物足りないこと、つい子どもにイライラしてしまうこと……。育休中ならではのモヤモヤを抱えるママも少なくないのではないでしょうか。

こんなときには、育児サークルを活用するのがオススメですよ。育児サークルの種類や探し方、参加するメリット・デメリットなどを紹介していきます。

 

■育児サークルとは?

育児サークルとは、同じ世代の子どもたちを育てるパパ・ママが集まって作ったサークルのことを言います。「リトミック」や「ベビーマッサージ」など、特定の目的のもとに作られるサークルもあれば、ただ単に「ママ友づくり」を目的に開催されているサークルもあります。2~3歳の未就園児を対象に、「一緒に遊びましょう」という目的で開設される育児サークルも少なくありません。

このようにさまざまな種類がある育児サークルですが、どのように作られるのかについても、それぞれで違いがあります。

居住エリアや年齢によって、自治体がサークル活動を積極的に働きかけるケースもあれば、自然発生的に誕生するサークルもあります。「もともと仲が良いお母さん同士」が集まってできた育児サークルの場合、外部に向けて積極的なメンバー募集を行っていない可能性もあるでしょう。

育児サークルについて気になったときには、まず「一言で育児サークルと言っても、いろいろな種類がある」ということを頭に入れておきましょう。

 

■育児サークル参加のメリット

83-2

育児サークルに参加するメリットとしては、以下のようなポイントが挙げられます。

・子育ての悩みや不安を、同じ立場の人たちと共有できる
・子育てに関する情報を手に入れられる
・ママも子どもも気分転換できる
・生活にメリハリができる

育児サークルに参加するメリットでもっとも大きいのが、「子育てに関する悩みや不安を共有できる相手が見つかる」というものです。たった一人、密室でこもって育児をしていると、些細なことでも不安に思ってしまいがちです。こんな思いを共有できるのは、やはり同じ境遇にいるママたち! こんなママたちと、サークルを通じてつながることができるでしょう。

ママたちの中には、地域の情報に詳しい人や、先輩ママも多くいます。幼稚園や保育園、小学校や地域の特性など、ママ同士のコミュニケーションを通じて得られる情報は、非常に幅広いものです。

また単純に、「サークルに参加すると、子ども同士で遊べて楽しそう!」「子ども同士のかかわりが学べて良い」ということもありますよね。それほど頻繁に参加しなくても、「今日はサークルだから」という理由で、生活リズムが整いやすくなるというメリットもあります。

■育児サークルにもデメリットはある

育休中のママにとってもメリットの多い育児サークルですが、残念ながらデメリットもあります。

・ママ同士、共感できないタイプもいる
・親の負担が大きい
・子どものタイプに合っていない
・さまざまなトラブルに巻き込まれる可能性もある

育児サークルは、「近隣エリアに住む人」や「同じ年代の子どもを育てる人」など、参加メンバーの基準はざっくりとしているケースも多いもの。もちろん、育児サークルに参加するすべてのママと、仲良くなれるわけではありません。

ときにはママ同士、考え方の違いに直面する可能性もありますし、「なんとなく違う」と違和感を抱いてしまうこともあるかもしれません。

また「サークル」として運営していく以上、参加するママたちに負担が発生してしまいます。中には「役員制」でさまざまな業務を分担するサークルもあります。

「育休中は、煩わしいことには携わりたくない」と思うママにとっては、負担が大きくなってしまうかもしれませんね。

最後に、あらゆるタイプのママが集まる育児サークルだからこそ、金銭トラブルや勧誘トラブル、宗教トラブルなどが起きる可能性もゼロではありません。恐れすぎる必要はありませんが、「こういうこともある」ということを頭に入れておきましょう。

 

■育児サークルへの参加方法は?

育児サークルに参加するための方法は、主に以下の二つです。

・サークル立ち上げに携わる
・気になるサークルを見つけて、自分からコンタクトを取る

自治体などが積極的に関わっている場合は、同じようなママたちの集まりに対して、「サークルを立ち上げること」を提案してくるようなケースもあります。この場合、サークルスタート時からの参加メンバーとして、ごく自然にサークル活動を行っていくことになります。

こうした機会がなければ、子育て支援センターや児童館、広報誌などのお知らせを元に、気になるサークルを探してみてください。自分自身でコンタクトを取って、参加することになります。

 

■まとめ

一人で子どもに向き合う育児が辛い!と思ったときには、育児サークルに参加してみるのがオススメです。育休中のママにとっても、良い息抜きとなるでしょう。周囲の子どもと関わる中で、自分の子どもの良いところも、改めて発見できるのかもしれませんね。

育児サークルに参加して「顔見知り」を増やしておくことで、将来的に子どもが小学生になったとき、「知っている人が多い」という環境を作りやすくなります。メリット・デメリットを頭に入れた上で、ぜひ前向きな気持ちで楽しんでみてください。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【産休・育休】その他の記事

産休・育休
もっと見る