注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

育休中に済ませておきたいワードローブの断捨離

仕事

2016.07.07

2018.05.06

【この記事は、CHANTOママライターによるウェブ限定記事です】

 

ライター名:大友 優華

 

育休中は、ついダラダラと過ごしがちですが、これだけはやっておいて損はない!と、お勧めしたいことがあります。

筆者が、実際に経験してみて、育児休暇中に済ませておいて良かったと感じたのが、ワードローブの断捨離。

ママになってから、独身時代に着ていた服はしっくりこないし、体型も変わってきました。

職場復帰したらまとまった時間はとれないと思い、一時保育を利用して断捨離タイムをつくることにしたのです。

 

20160707-1

 

【理想のワードローブの条件とは】

まず、ゴールイメージを頭の中に思い描きました。

1.毎朝のコーディネートに時間がかからない

2.着回し率が高い少数精鋭のアイテム

3.生活感を抑えた大人女子の装い

こんなところでしょうか。

 

特に、3つ目に挙げた項目は、重要視しました。

職場復帰して、所帯染みた印象や疲れている印象は与えたくありません。

家庭も仕事も楽しんでいる幸福感が漂う、大人の女性として印象付けたいと考えたのです。

理想のワードローブへと刷新すべく、本でファッションや断捨離のことを調べることに。

 

20160707-2

 

【プロの手を借りて断捨離スタート】

本を読んで、いよいよ断捨離しようとクローゼットの前に立ったのですが、早速行き詰りました。

手持ちの服の中に、お気に入りは1着も見当たらず、全て手放したくなってしまったのです。

捨てるより先に、必要最低限のワードローブを買いそろえる必要が出てきました。

ところが、しばらくファッション誌から遠のいていたので、どのブランドが今の自分に合っているのかわかりません。

今のファッションスキルで新しい服を選んだら、またイマイチの服を連れて帰ることになるかもしれないと、頭を抱えました。

そこで、利用したのが百貨店のパーソナルスタイリングサービス。

 

20160707-3

 

芸能人やモデルではなく、一般人の“似合う色”や“似合うデザイン”を教えてくれるサービスを知ったのです。

プロの手を借りたおかげで、短時間で効率よく似合う服を買うことができました。

とびきり似合う服が手に入ると、潔く過去の服たちとお別れすることができます。

自分一人で断捨離していたら、ここまでスッキリ効率よくは進められなかったと思います。

久しぶりの職場復帰でも自分らしく堂々といられたのは、この時に自信が持てるファッションを手に入れたから。

ぜひ、トライしてくださいね!

 

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【産休・育休】その他の記事

産休・育休
もっと見る