注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

育休明けに「仕事を辞めたい」と思ったときに取るべき4つの行動

仕事

2020.04.09

子どもを産んだあと、育休制度を利用してから復職するという人のなかには「育休前と同じように働けるかな…」という不安を抱く人も少なくないでしょう。

また、実際に復帰したところ、思うように働けず「もう辞めたい…」と思っていまうようなこともあるようです。

 

そこで今回は、育休明けに「仕事を辞めたい」と思ってしまう原因や、辞めたくなった時に取るべき行動についてご紹介します。

育休明けに辞めたいと思う原因は?

まずは、育休明けに辞めたくなる理由について整理してみましょう。

 

体力的な不安がある

まず大きな悩みとなるのが「体力面」です。

家事や育児をパートナーと分担しているとしても、復職直後はやらなくてはいけないことが増えます。

 

とくに、子どもは大人の都合に合わせて動いてはくれません。

朝食作りにバタバタしているときに遊びたいと言い出したり、保育園に送って行く途中にイヤイヤが始まってしまったりすることも。

そこから頭を仕事モードに切り替えて働き、終業後は保育園へダッシュして、帰宅後は夕食の支度や溜まった家事を片付ける…。

 

こんな生活がほぼ毎日続くと考えると、体力が持つかどうか不安になってしまうのも当然です。

 

職場の人に迷惑を掛けてしまうことへの罪悪感

体力面での不安と同じく多いのが、職場の人に迷惑を掛けてしまうという不安。

 

どうしても避けることができない子どもの急な発熱や、保育園行事によるイレギュラーなお休み。子育てに理解のある職場であれば、「いいよいいよ」「子どものことを優先してあげて」とあたたかい言葉をかけてくれる人が多いでしょうが、自分のできない仕事をかわりにやってくれるのは同僚や上司です。

 

「気にしないでいいよ」と言われても、誰かに負担がかかっているのは事実。そのことを気に病んで、「人に迷惑をかけるくらいなら辞めたほうがいいのでは…」と思い詰めてしまう人も少なくはないようです。

辞めたいと思ったときに考えるべきことは?

体力的に本当に辛かったり、精神的に限界だと感じるのであれば、辞めるという選択肢もあるでしょう。

しかし、勢いで辞めることはおすすめしません。

 

一度冷静になって、次のポイントを考えてみましょう。

 

ポイント1:辞めても生活が成り立つかどうか

まず考えたいのは、退職した際の生活費の問題です。

もしも仕事辞めた場合、あなたの分の収入はゼロになります。そうなったときに生活費に困らないか、子どもの教育資金を貯めることができるのかを考える必要が出てきます。

 

ポイント2:自分が退職することによる会社の影響

もし、自分が辞めた場合、会社にはどのような影響が出るでしょうか?

責任のある仕事を任されている場合、あなたが急に辞めてしまうと会社に迷惑がかかるかもしれません。担当がころころ変わると、取引先からの信頼を失ってしまこともありえます。

 

それでも辞めてしまえば関係ないと思うかもしれませんが、もしまた同じ業界で働きたいのであれば辞め方には注意したいところ。

きちんとフォローを済ませてから辞めたほうが、後々トラブルなどになることもないでしょう。

辞めたいと思ったときに取るべき4つの行動

最後は辞めたいと思ったときに取るべき行動をご紹介します。

 

①パートタイマーや在宅勤務にできるか相談する

どうしても体力的にも精神的にもキツいけれど、働きたい気持ちがある。そんなときは、上司や先輩に相談して働く時間を見直してもらうのがいいでしょう。

 

例えば、勤務時間を減らすためにパートタイム勤務にしたり、在宅ワークへの切り替えが可能かどうかを打診してみるのも一つの手段です。

 

勤務時間が減るため収入が下がる可能性はありますが、ゼロにはなりません。生活費のために仕事を辞めたくないと言う人は、この方法を考えてみてはどうでしょうか?

 

②ひとまず会社を続けながら転職活動をする

残業が多い職場など、子育てと仕事を両立できない場合もあるでしょう。その場合は、別の仕事を見つけるために転職活動を始めるという手も。

 

ただしこの方法だと、働きながら家事育児をこなし、さらに転職活動もするということになり、タスクが増えてしまいます。

体力面の不安から仕事を辞めようとしているのであれば、かえって大変になってしまうかもしれません。

 

③今の職場でそのまま働く

子どもは成長していきます。今現在が辛くても、徐々に手がかからなくなっていくもの。それを見越して、現在働いている職場で働き続けるという選択肢もあります。

 

④退職する

無理に働き続けて体を壊してしまっては本末転倒。

冷静になって考えてみても仕事を続けることが難しいのであれば、退職をするというのも一つの手段でしょう。

 

退職をすると、これまで築き上げてきたキャリアやポジションを放棄することになります。その辺りを踏まえた上で退職への決断をしていきましょう。

 

勢いで辞めずに、一度考えてみよう

今回は育休明けに仕事を辞めたいと思ったときに取るべき行動をご紹介しました。

退職するかどうか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 


文/佐藤仁美

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【産休・育休】その他の記事

産休・育休
もっと見る