注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「3年後、5年後、10年後どうなりたい?」ワーママがキャリアプランを聞かれたときの答え方のコツ

仕事

2019.04.16

61-1

ワーママが、職場や転職の面接で困るのが、将来のキャリアプランを聞かれることではないでしょうか。

もちろん、ある程度答えることはできますが、今後出産する予定があったり、夫の仕事の都合で転勤が予想される場合など、答えにくいことも多々あることでしょう。

そこでワーママがキャリアプランを聞かれたときのために、覚えておきたいことや、どう答えれば好印象になるかについて紹介します。

■前向きな姿勢を見せることが大切

会社がキャリアプランを聞くのは、社員のやる気を確認するためだけでなく、仕事に対する姿勢や、会社で夢を実現できるかどうかということを確認したいからです。

会社は社員教育を行う以上、できるだけ長く勤めてくれる人材を求めていますので、今現在は子育てで少し先の将来が分からないとしても、会社でいつまでも働き続けたいということを確認したいと考えているかもしれません。

それに対して子どもがいるワーママにとって、実際3年後どころか1年後もどうなっているか分からないというのが本音かもしれませんが、それでも会社に対して前向きな姿勢を見せることが大切です。

■キャリアアップを望む場合

子育てのために時短勤務をしている場合、キャリアアップをあきらめてしまうママも少なくありません。

でも、子育てが一段落ついたらフルタイムで働き、その後はキャリアアップしていきたいと思うなら、実際にどのように目的に向かって自身が努力しているのかを会社に対してアピールしましょう。

子どもがいる場合、急な早退や欠勤する事態が起きる可能性も少なからずあることでしょう。時短勤務の場合はまだしも、フルタイムの場合、何度も仕事を抜けられると、仕事にも支障をきたしてしまいかねません。

今は自分で子どもを見ているが、今後は祖父母やベビーシッターに頼むことを予定しているなど、子どもの面倒をそれほど気にすることなく安心して仕事に前向きな姿勢を答えを伝えると、会社にもキャリアアップを望んでいることがきっと伝わります。

仕事と家事、育児の両立について心配されることもあるので、夫や祖父母の協力や、時短家電をフルに活用するなどして両立し、家族でコミュニケーションをとるための時間作りもしっかり考えていることを面接官に伝えましょう。

61-2

■子どもを作る予定がある場合

今は子どもがいなくても将来的には子どもを産みたいと思っている場合、キャリアプランにその予定を盛り込むのは決して悪いことではありません。

その通りにならない可能性はあるにしても、3年以内、5年以内といったように、年単位で区切って出産予定を計画しておくと良いでしょう。

会社としてはせっかくここまで育てた人材を簡単に手放したいとは思いませんので、できれば職場復帰してほしいと思うものです。

ですからキャリアプランにも、育休後の復帰を組み込んでおきましょう。

すでに第一子を産んでいる場合、第二子を産みたいと伝えづらいと思うママもいるのでは。

特に育休後からあまり時間が経過していないのに予定している場合、立て続けに育休を取得することになるので、答えにくいと思うことでしょう。

最近は条件を満たしている会社であれば、社員が育休を取得した場合、事業主に助成金が支払われる制度もあります。

少子高齢化社会で国が子どもを産むことを推奨している以上、堂々とキャリアプランに組み込みましょう。

また育休後のキャリアプランについて、時短勤務にするのか、それともフルタイムで働く予定なのかを決めておくと、会社も対応しやすくなります。

■収入が目的の場合

ワーママの中には、家計を助けるために仕事を続けている人もいることでしょう。そのため、キャリアプランを聞かれると返答に困ってしまうこともあります。

夫の収入だけでは厳しいため、子どもの教育費のためなど、家庭によって収入を得たい理由はそれぞれ異なります。しかし、収入を得たいから働きたいというのも、立派な目的の一つです。

とはいえ、キャリアプランを聞かれたときに、ハッキリとお金目的なので特にプランはありませんと答えると、さすがに面接官に与える心証はよくありません。そんな時は、一つずつ仕事を覚えながら、少しずつキャリアアップができるよう頑張りたいと答えてみましょう。

また、キャリアアップを望んでいない場合は、キャリアアップでなくスキルを上げたいと答えたほうが良いでしょう。

資格取得や、会社で活用できるソフトウエアの使い方を習得する講座を受講するなどと具体的に答えると、会社に良い印象を与えられます。

■まとめ

ここまで、ワーママがキャリアプランを聞かれたときの答え方についてまとめてみました。

キャリアプランは、仕事に対してどういう姿勢なのか、今後はどのようにキャリアアップを求めているのかを確認するのが目的です。

しかし、目標に向かって仕事をすることはスキルアップはもちろんのこと、自分自身の成長につながることになります。

ぜひ前向きに3年後、5年後、10年後の自分をイメージしてキャリアプランを作ってみてはいかがでしょう。

きっと仕事に対するモチベーションも上がってくるはずです。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【キャリア】その他の記事

キャリア
もっと見る