2019.02.07

「不条理を経験してこそ大人」という定義に若手社員は何を思うのか?

大切なのは子どもが納得する答えを準備しておくこと!


別の掲示板では、「子どもから『なぜ子どもはダメで大人はいいの?』と質問された時、どう返すのが正解か」というお母さんの悩みが物議を醸していました。子育て経験者であれば、誰もが一度は悩まされる問いでしょう。

 

この相談に対して寄せられたアドバイスは、「しっかり理由を答えてあげるのが一番。例えば飲酒や喫煙なら単純に健康の問題、夜遊びなら危険だからといったようにね」「『もしも問題が起きた時に自分でなんとかできる?』って質問を返すのがいいのでは?」「自分は『お父さんもお母さんも子どもの頃は我慢した。大人になったら自由だよ』と言っています。その後に大人になる条件みたいなものを少しずつ教えて成長させたい」といったものでした。

 

“子どもの疑問”には、しっかり答えられるようにしておきたいですよね。つい理不尽な返答をしないよう、あらかじめ準備しておくといいかもしれません。

 

答えのない疑問に悩む時間は、将来の役に立ってくれることが多くあります。たまには哲学的なテーマに思いを馳せてみてはいかが?

 

文/長谷部ひとみ

≪ BACK 1 2

3

長谷部ひとみ

夫の両親と息子と娘、キュートすぎる柴犬との6人+1匹暮らし。バスガイドから心機一転、ライターとして活動中。岩手県の実家に帰ると、その後1週間ほどは訛りが抜けないのが悩み。数学が大の苦手で息子に教わっている。