コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「考えているだけじゃ仕事は終わらない」非効率でも作業に手をつけるべきなのか!?

仕事

2020.04.14

モチベが上がらない時はどうする?

「とりあえず手をつけた方がいい」とわかっていても、誰だって中々手が出ない時はあるもの。「効率的な方法を探したい」という原因だけでなく、単純に「モチベーションが上がらない」といった可能性も考えられます。一体どのようにすれば、モチベーションを上げて作業に取り掛かれるのでしょうか。

 

まず多いのは「自分へのご褒美を用意する」との方法。モチベーションアップの手段としてかなり定番ですが、「ご褒美のために仕事をするようになる」などと否定する人も少なくありません。

 

しかしここまで見てきた「とりあえずやった方がマシ」という考え方を考慮すると、そこまで悪くない方法論なのかも。ネット上では「“モチベを上げる方法”をうだうだ考えるより、ご褒美でもなんでも用意して強引に作業を始めた方がいい」との意見も寄せられていました。

 

もちろん“効率的な方法”や“モチベを上げる方法”を考えることも大事ですが、それだけに時間を取られてしまったら本末転倒。「いくら考えても仕事が早くならない」という人は、一度“考えている時間”がどれだけかかっているか見直した方がよさそうですね。

 

関連記事:大企業病が憂鬱…マンネリ化で非効率な我が社の業務にうんざり

 

文/古山翔

3 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【キャリア】その他の記事

キャリア
もっと見る