2019.10.09

違法な長時間労働が多数!?過労死ライン超えの事業所が27%もある日本の現実

会社で長時間労働を強いられる人の中には、「これって違法じゃないの?」と感じたことがある人も多いはず。厚生労働省は、全国にある約4割の事業所で“違法な長時間労働が行われている”と発表しました。

 

時間外労働が多い業種は「製造業」!


同省は昨年度に、長時間労働が疑われる29097カ所の事業所を立ち入り調査。その内の40.4%に当たる11176カ所で、違法な時間外労働を確認しました。さらに“過労死ライン”と言われる、「1カ月80時間以上の残業」があった事業所は7857カ所。月の残業が200時間を超える事業所も219カ所あり、政府は是正・改善に向けた指導を行っています。

 

今回“違法な時間外労働”が最も多かった業種は、「製造業(2895件)」でした。「運輸交通業(2695件)」「商業(1715件)」「接客娯楽業(1125件)」なども、労働時間を超えた業種として名を連ねる結果に。

 

残業時間が多すぎると「労働基準関係法令違反」として定められますが、時間外労働以外にも違反となってしまう内容が。例えば「賃金不払い残業」や「過重労働による健康障害防止措置が未実施」だった場合も違反としてみなされます。事業者は労働者のことを考えた上で、会社を回していかなければいけません。

 

>>NEXT 労働基準法のルール

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。