つみたてNISAとは?どうして初心者におすすめなの?

投資信託には手数料がかかる?


ここまでつみたてNISAのメリットをお伝えしてきましたが、投資対象の中心となる「投資信託」には気をつけたいこともあります。それは、いくつかのコストがかかるということです。コストは以下の3種類あります。

・買う時・・・購入時手数料(販売手数料)。購入金額の0〜3%程度。購入時手数料が無料という証券会社もあります。つみたてNISA対象商品(ETFを除く)は、この手数料がかからない商品(ノーロード)がラインアップしています。

・売る時・・・信託財産留保額。売却金額の0.1〜0.5%程度

・保有している間・・・信託報酬。保有資産の0.2〜1.5%程度

上記3つのうち、最も気にかけたいのは保有している間、ずっとかかる「信託報酬」です。株式の場合は保有期間に手数料がかかることはありませんが、投資信託は持っているだけでも手数料がかかり続けてしまうのです。もちろん保有期間が長くなればなるほど、また、資産が増えれば増えるほど信託報酬のインパクトが大きくなっていきますので、商品を購入する際には必ず確認しましょう。

 

投資信託は買う時に値段がわからない?


投資信託の価格は1日1つだけ、特定の時間で締めて確定されます。通常は、翌日にならないと決まらないことが多いため、取得できる口数などは購入時にはわからないのが一般的です。なので、購入する時は、あくまでそれまでの値動きを参考に買うしかありません。

ただ、中には株式のように購入価格を指定して購入できる「ETF(上場投資信託)」という投資信託もあります。

 

>>NEXT 投資信託の王道は「パッシブ運用」

≪ BACK 1 2

3

4 NEXT ≫

田川志乃

フリーライター。1児のママ。食や子育て、身近な生活に関する記事を中心に執筆中。