1「ツナマヨビーンズのホットサンド」は朝食におすすめ!

ぐずる子どもをなんとか起こして着替えさせ、保育園の準備や自分の身支度をしながら急いで朝ごはんを食べさせる。そんな慌ただしい毎日をお過ごしの方は多いのではないでしょうか。時には余裕がなくて、菓子パンで済ませる…なんてこともありますよね。

 

一方で、子どもの栄養面を考えると、少しでもバランスのとれた朝ごはんを用意してあげたいもの。そんな時におすすめなのが、手軽で後片付けも楽チンなホットサンドです。

 

今回は、身近な食材でささっと作れて栄養も摂れる20種類のホットサンドレシピをフードコーディネーターの田頭志保さんに教えていただきました。

 

ホットサンドレシピ(1)


朝食に不足しがちなタンパク質たっぷり!

ツナマヨビーンズサンド

定番のツナマヨにカラフルなミックスビーンズを合わせ、朝食に不足しがちなタンパク質をツナと豆のダブルでとることができるレシピ。栄養バランスのとれた朝食は子どもの体の成長だけでなく、学力アップにもつながるといわれています。

 

ミックスビーンズのホクっとした食感が楽しく、見た目もカラフルでおしゃれ!缶詰やパウチなどを使えば、手間なく手軽に作れますよ。

 

【材料(1食分)】

食パン…2枚

ツナ缶(オイル)…小1缶(75g)

ミックスビーンズ…大さじ2

バター…適量

マヨネーズ…大さじ1

 

【作り方】

  1. ツナは油や汁けをしっかりきり、マヨネーズと混ぜ合わせる。
  2. 食パン2枚はそれぞれ片面にバターを塗る。
  3. ②の食パン1枚に①をのせて広げ、ミックスビーンズをちらす。
  4. ホットサンドメーカーに③をセットし、もう1枚の食パンをのせたらカバーを閉じて焼く。

 

 

【全レシピ共通】

パンは市販の角食パン6枚切りを使用しています。ホットサンドメーカーやお好みで8枚切りでもOKです。パンの耳は切らずに使うことで手間も無駄も省けます。プレスして焼くと、カリッとして風味豊かになるため、普段はパンの耳を残してしまうお子さんでも好きになるかも。

こちらのレシピでは、レコルトの「プレスサンドメーカー キルト」を使用。焼き時間は2分半〜3分です。焼き時間は各家庭でお使いになるホットサンドメーカーやパンの厚みによっても多少変わります。なお、焼き立ては熱々なので、小さいお子さんには少し冷ましてからあげてください。

 

<<前へ戻る 次へ進む>>

 

連載TOPに戻る

 

PROFILE 田頭志保(たがしら・しほ)


フードコーディネーター・フォトグラファー。大学卒業後、新聞社にてカメラマンとして勤務。その後、料理と写真のテクニック、それに携わるフードコーディネーターの仕事に惹かれ、専門学校にて学ぶ。テレビや雑誌で現場技術を取得する傍ら、ロンドン〜中東での料理研究、写真活動を経て、現在フォトグラファー、フードコーディネーターとして活躍中。

 

取材・文/田川志乃 撮影/菅井淳子

田川志乃

フリーライター。1児のママ。食や子育て、身近な生活に関する記事を中心に執筆中。

ホットサンドの美味しいレシピ

特集テーマ : 【ホットサンドの美味しいレシピ】その他の記事