「子供の病気に悩まない!」ママ小児科医が語る親の心得

_DSC9509

私たちお母さんにとっては、

“子どもが元気がどうか”

というのは、何より大切なこと。

そんなお母さんの思いとは裏腹に、

子どもというのは頻繁に体調を崩します。

いつでも親の心配のタネである「子供の病気」について

働くママとしては、どのように向き合えばいいのか。

自身も保育園児3児の母であるという

小児科医・保田典子先生に話を聞きました。

 

“ネットの記事”に踊らされすぎないで。確かな情報を

_DSC9466

“子どもの体調が少し良くなさそうだな”と、心配するあまり、症状をインターネット上で検索したところ、怖い病気のワードなどが出てきてとても不安になった……。という経験、ママなら一度はあるはずです。

「実際、ネットの記事を読んで心配になってしまって……と、小児科に駆け込んでくるママたちがとても多いんです」と、保田先生。

「病気って、例えばわかりやすくいうと、長い一つの線みたいなもの。同じ病気でも症状はその両極端で、大きく違います。軽い子もいれば重い子もいる。そのなかのたった一つの経験を見たり聞いたりして、“心配……”と落ち込んでしまうお母さんが、本当に多いですね。自分の子どもがその線のなかで今どのあたりの状態にあるかは、やはり専門医を受診しなければ分かりません」

インターネットで検索すれば、ある程度の情報を受け取ることができる便利な世の中。だからこそ、すべての情報を鵜呑みにすることなく冷静に対処して欲しい、と言います。

「もちろん、調べること自体は悪いと思いません。私が声を大にして言いたいのは、本当にケースバイケースなので、不安になりすぎるのもよくないし、過信しすぎるのもよくない。“これはいろいろなうちの一つのケース”だと思って、ネットの記事を読んで欲しいんです。まずは、何よりも早く受診を!」

心配だったら、小児科を受診し、先生に状況を聞くこと。不安を溜め込まないことが大切です。

保田典子

医療法人財団アドベンチスト会 東京衛生病院・小児科医。日本小児科学会認定専門医。2男・1女の母。第1子の出産を機に、東京衛生病院小児科へ。自身も働くママであるという立場から、ママの気持ちによりそった診察で定評がある。現在はブログ「『ママ小児科医が実践している忙しくても家族の健康と発達を伸ばす子育て』や、公式LINEで自身の子育てや子どもの健康や発達についての見解を発信中。「育児はママだけでなく、みんなでするものです。不安があったらなんでも相談してくださいね」

4コマ「Web版お仕事はじめました!」|野原広子

連載テーマ : 【3児のママ小児科医・保田先生の子供の病気に悩まない!】その他の記事