毒々しいけどつい手にとっちゃう「まるでブルーハワイなゼリー」

早速、ふたを開けてみます。“毒々しい”色をしているので、少しだけ食べるのに躊躇いが…。勇気を振り絞ってスプーンを差し込んで、恐るおそるひと口、味見。ゼリーを口の中に含むと、爽快感がある“ソーダ”の味が一気に広がります。またクリームのまろやかな味わいがやってきて、さらに優しい口当たりに。甘味と旨味、マイルドさがバランスよく混在しているので、見た目によらず完成度の高いスイーツといった印象。

20180717zeri03

ブルーハワイの正しい味はソーダでOK!?


ただ引っかかるのが 「ブルーハワイ=ソーダ」なのかという疑問。そもそもブルーハワイとはラムをベースとしたカクテルで、主にフルーツをシェイクして作られているそう。今回のゼリーは、果物を一切使用しない“ソーダ味”。しかし「まるでブルーハワイ」と名づけているので、あくまでも“色合いを再現している”と解釈すればいいのかも。

20180717zeri04

 

ネット上では、「美しいブルーに惹かれてついつい買ってしまったけど、普通においしくて好きになった」「クセになる味でまんまとハマった。しかも暗い部屋に置くといい感じで光る、という驚き機能つき」といったさまざまな声が。見ても食べても楽しめるセブンの新感覚ゼリーを食べれば、より充実した夏を過ごせるかも!

20180717zeri05

取材・文/佐々木佳奈

≪ BACK 1

2

佐々木佳奈

学生時代からコンビニグルメに夢中!なママライター。結婚してからもお世話になっております…! コンビニで食品を買いすぎるため、普段の財布とコンビニ用の財布を分けて家計を管理している。料理は好きでも嫌いでもない。

4コマ「Web版お仕事はじめました!」|野原広子

連載テーマ : 【魅惑のコンビニスイーツ】その他の記事