長年連れ添った夫婦が40年住んだ家を売ろうと決めた…その結末とは!?

気持ちいい季節に、自宅もリフレッシュしてみては!?

この映画の主役は夫婦2人、そして、「家」だと思います。そう、2人で過ごしてきた家がやっぱり大切なのです。そんな2人は映画のラストシーンで壁の色を塗っています。それは、新しい出発を意味していてとっても気持ちの良いシーン。

そうだ、たまには模様替えも必要だ!我が家はもう何年も模様替えなんてしてません。新しい家具を買ったりもしてません。仕事机なんて…カオスです。

気分を変えるために模様替えをしたりするのもリフレッシュになるのかもしれません。壁に色を塗る、とか大胆な事はなかなかできなくても、お部屋の雰囲気を変えるために夫婦で作戦を練ってみるのは楽しいかも知れません。

もう初夏の装い。GWなど休日には、自宅をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか!?


コンフィデンスマンJP撮影現場の赤ペン瀧川

▲ドラマ「コンフィデンスマンJP」のスペシャルドラマの現場にて。最近は、俳優業も忙しく、いろんな役、演じていますよ!

[DVD Info]

『ニューヨークの眺めのいい部屋売ります』

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります

監督:リチャード・ロンクレイン/キャスト:モーガン・フリーマン、ダイアン・キートン/価格:DVD 3800円(本体)+税  Blu-ray(本体)  4700円+税/発売元:「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」パートナーズ、販売元:ポニーキャニオン (C)2014 Life Itself,LLC All Rights Reserved

≪ BACK 1 2

3

赤ペン瀧川

1977年生まれ、神奈川県出身。3歳になる息子のパパ。映画コメンテーターとして、テレビやライブ、コラムなど多方面で活躍中。また、「警視庁捜査資料管理室(仮)」や「相棒」、「アウトレイジ」、「コンフィデンスマンJP」、「狐狼の血」など、話題のドラマや映画作品に出演する俳優としての顔も持つ。

4コマ「Web版お仕事はじめました!」|野原広子

連載テーマ : 【赤ペン瀧川のママに捧ぐ映画】その他の記事