2018.12.19

限定賞品をプレゼント!『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』

HGF_main(メインビジュアル)

2018年夏にも「真夏のヒーローSPECIAL」という特集をお届けしましたが、この冬も仮面ライダーから熱い情報が届きました!

2016年より毎年冬に人気を博してきた「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」シリーズ。平成最後、かつ20作目という節目を迎える今年の作品は『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』というタイトルで2018年12月22日(土)に公開となります!

平成という時代を駆け抜けてきたヒーローたちに突きつけられる「仮面ライダーは虚構の存在」という衝撃の事実、そして平成仮面ライダーの歴史そのものを消し去ろうとする存在に、仮面ライダージオウ・仮面ライダービルドを中心とした歴代平成ライダーはどう立ち向かうのか!?

そのあらすじを、少しだけご紹介します!

 

 

平成仮面ライダー20作記念

仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER


STORY|仮面ライダーを愛してくれたあなたへ

常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ)と桐生戦兎(仮面ライダービルド)の世界に、異変が生じていた。まるで別人と入れ替わるように、仲間たちが次々と記憶を失っていくのだ。

 

奥野 壮と犬飼貴丈

 

さらに、二人の前に現れたスーパータイムジャッカー・ティード。彼はアナザー電王とアナザーWという強力な手先を差し向け、一人の少年・シンゴを追っていた。シンゴを守る戦いの中で、ソウゴは仮面ライダー好きの青年アタルに出会う。一方ティードに単身戦いを挑んだ戦兎は、洗脳され操られてしまい…。

強大な敵を前にシンゴを救おうともがくソウゴたちだったが、そんな中アタルがある告白をする。

「仮面ライダーは、現実の存在じゃない」

彼は謎のイマジン・フータロスと密かに契約を結んでいた。その言葉の真意とは一体…?

なぜ、いつから、仮面ライダーは 虚構フィクションの存在となってしまったのか?

 

present201812

 

謎が深まって行く中、ソウゴと戦兎が追うティードの姿は、初代平成仮面ライダー誕生の地・九郎ヶ岳遺跡にあった――

あなたの記憶に、彼らは生きているか。

 

仮面ライダーを愛してくれたあなたへ贈る!平成仮面ライダーの集大成にふさわしい大迫力の映画をぜひ劇場でご覧ください。

 

『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』

公開日:2018年12月22日(土)

キャスト/スタッフ:奥野 壮、犬飼貴丈

押田 岳、大幡しえり、渡邊圭祐 / 赤楚衛二、高田夏帆、武田航平、水上剣星

福崎那由他、斎藤汰鷹 / 大東駿介

声の出演:滝藤賢一

生瀬勝久

原作:石森章太郎 脚本:下山健人 監督:山口恭平

音楽:川井憲次、佐橋俊彦 アクション監督:宮崎 剛 特撮監督:佛田 洋

「ジオウ&ビルド」製作委員会 (c)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

 

さらに今回はCHANTO webをご覧のみなさんに素敵なプレゼントをいただきました!

 

>>NEXT 20作品記念の特別な賞品をあなたに!

ちゃんと 編集部

働くママ向けのメディア『CHANTO』の編集部。月刊誌『CHANTO』で掲載された記事や編集部が独自に取材した記事をご紹介します。