2019.06.20

お金になるならOK?愚痴聞きサービスで副業に挑戦してみよう!

190-1

心の中に不満やモヤモヤがたまってしまったとき、あなたはどのように対応していますか?家族や信頼できる友人など、思う存分吐き出せる環境が整っていれば、精神的な負担は少なくなるのかもしれませんね。

とはいえ現実には、常に愚痴を聞いてくれる家族がいるとは限りませんし、「信頼できる友人だと思って話したのに、裏切られた」なんてケースも存在しています。「誰かに愚痴を聞いて欲しいだけなのに、その相手が見つからない……」なんて悩んでしまうこともあるでしょう。

こんな方を対象に「愚痴聞きサービス」という副業が人気を集めていることをご存知ですか?今回は、副業を探している方に向けて、「愚痴聞きサービス」の魅力や働き方を紹介します。

■「愚痴を聞く」ことが仕事になる!?

「愚痴聞きサービスで仕事をしよう!」と思ったときに、「それって何?本当に儲かるの?」なんて感じる方も多いのではないでしょうか。「愚痴を言う」だけであれば、一人でも可能。「わざわざお金を支払うなんて……」と思ってしまうのも、当たり前だと言えそうです。

しかし現実には、「愚痴を聞いてくれる相手が欲しいのに、適当な相手がいない」と悩む方は決して少なくありません。自分自身のことを思い返してみれば、周囲の人の愚痴を聞かされるのは、決して楽しいことではありませんし、気分が重くなってしまうことも考えられます。

周囲とのトラブルを避けるためにも、「多少コストがかかっても、愚痴を聞いてくれる人が欲しい!」と考える方は増えてきているのです。

需要があるということは、「副業に出来る可能性がある」ということです。普段から「人の話を聞くことに対して抵抗がない」という方にとっては、ピッタリの仕事内容だと言えそうですね。

■愚痴聞きの副業をスタートするために

愚痴聞きの副業をスタートしたい!と思ったら、まずは利用者を募るサイトに登録するのがオススメです。「愚痴聞き」や「話し相手提供サービス」に特化したサイトもあれば、自分自身のスキルや経験を売買できるサイトもあります。まずは登録してみることで、時間を区切って「愚痴聞きサービス」を提供することができます。

サイトに自分自身の情報を公開することで、「愚痴を聞いて欲しい!」と思っている人を集めることができるでしょう。

具体的なサイトとしては、「ココナラ」が挙げられます。こちらは自身のスキルや経験を、時間単位で提供できるサイトとなります。純粋な「愚痴聞き」以外にも、「愚痴聞き+占い」や「愚痴聞き+カウンセリング」など、自分自身の強みをプラスして、提供するケースも少なくありません。

一方各種代行サービスを提供する「ファミリーロマンス」においても、「愚痴聞き代行」を行っており、代行スタッフとして事前に登録することで、仕事ができます。自分に合った方法で愚痴聞き副業にトライしてみてはいかがでしょうか。

今野 由奈

今野由奈です。
お金に関わる記事を投稿しています。現在貯金を殖やすために日々邁進中!投資、マイホーム、給料にかかわるところを書いています!