2019.04.15

年金はさらに厳しい現実が…30・40代が〝今日からやるべき〟老後資金の備え

3040代の働く女性は「老後資金」と言われても、まだピンと来ないかもしれません。でもこれからは「人生100年時代」と言われる、長〜い老後が待っています。

いまのうちから準備しないとシニア世代になったときにお金の不安におびえながら過ごすことにもなりかねません。働く女性がやるべき「老後資金」の備えについてお話しします。

 

あなたがもらえる年金は驚くほど少ない!? 

突然ですが、毎年誕生月に届く「ねんきん定期便」を開封して、内容を確認したことがありますか? この「ねんきん定期便」こそ、65歳以降のあなたの収入がどうなるかを教えてくれる〝未来からの手紙〟のようなものです。

 ねんきん定期便
▲「老齢年金の種類と見込額」の右下の欄に、65歳からの年金見込額(年額)が記入されている。国民年金と厚生年金を合わせた額で、厚生年金の金額は働いた期間と収入によって大きく変わる。収入の大きい人ほど年金も多く、夫婦合算で月35万円以上になるケースも。


記載の「年金の見込額」は、今まで払った保険料に対しての額なので、40代まではまだまだ低いです。60歳まで働き続けると実際には増えていきますが、それでも女性の平均的な厚生年金の受給額は、年間約120万円(月額約103000円)。

男性の平均が約167000円ですので、夫婦合算では平均27万〜30万円程度にはなりますが…この金額で、果たして生活していけるでしょうか?