2019.03.05

「がん保険」の比較…正しい選び方のコツは「最近のがん治療」を知ること

最近、芸能人やスポーツ選手のがん発症のニュースが相次いだこともあり、「がん保険」の加入についての相談が多くなっています。加入を検討する際に大切な「チェックポイント」をご紹介します。

 shutterstock_1060129958

がん治療の資金は「貯金」または「保険」

いまやがんの罹患率は男性62%、女性46%と言われています。死の不安はもちろん、高額な治療費がかかることや、治療が長期化することによる収入の減少など、お金の面での不安も非常に大きい病気だと言えます。

がんへの金銭的な備えは、貯金で準備するという方法があります。十分な貯金があれば、わざわざ保険に加入する必要はないともいえますが、保険の最大のメリットは「小さな負担で、大きなリスクに備える」という点。

がんの治療費に100万円かかるとして、その貯金がなかったり、貯金があってもマイホームや教育資金に必要という場合、毎月数千円程度の負担で大きなリスクに備えられるがん保険は、頼もしい存在です。

2030代など年齢が低うちは保険料が安く、特に女性は安いので、家系的なことも含め「がんへの不安」が大きい方は加入を検討していいと思います。