2018.07.17

これも借金!? 結婚後に発覚した奨学金返済に議論勃発

20180717hensai01結婚を現実的に考えるとき、パートナーの懐事情は重要な要素。特に相手が借金を抱えていると、「自分も返済を手伝わなければいけない」「家計が苦しくなるのでは」と気にする人も多いと思います。「将来の借金」と呼ばれる奨学金にも、同様の不安を抱える人がいるようです。

 

奨学金返済に追われる旦那


今年6月、「奨学金返済がある人との結婚はどう思いますか」という質問がネット上で話題になりました。なんでも相談者の旦那には、40歳まで毎月2万円の奨学金返済があるとのこと。共働きなうえ旦那の方が高収入とはいえ、返済を抱えていると知ったのは結婚後だそうです。

 

相談者は「旦那が自分の給与から返済している」と思うことにしているそうですが、結婚して同じ家計から支出されているのでイマイチ釈然としないよう。また、相談者の親は相談者の結婚に備えて貯蓄してくれたのに、旦那の親は学資金もなかったのかと不満を感じているといいます。

 

これに対してネット上では、「よく我慢してるね。偉いよ」「返済のせいで貯金ができず、子どもまで奨学金を借りる連鎖が生まれそう…」「結婚前に奨学金や借金があることを言わないなんて非常識だと思う」など相談者に同情的な声が続出。いっぽうで、「その奨学金で大学に行ったからこその旦那の収入なのに、義親まで見下すのは良くない」「モヤモヤする気持ちも分かるけど、『学費は親が出すもの』というあなたの考えは違う気がする」「将来の返済が負担で進学を諦めた人だって、世の中には大勢いるんだよ」と相談者を諭す意見も根強く、議論は賛否が分かれる状態となっていました。

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。