2018.07.03

えっ自慢? 共感されづらい“義実家お金持ちあるある”のツラさ

20180703okane01

結婚して義理の家族ができると、育ちの違いに驚くこともありますよね。特に相手の家がお金持ちだと、金銭感覚の違いにカルチャーショックを覚えることも。実際に“義実家がお金持ち”だとどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

 

意外とツラい“義実家お金持ちあるある”


先日ネット上では、“義実家お金持ちあるある”という話題が活発になっていました。何でも投稿者は車の買い替えを義実家に報告したのですが、なんと車代の半分を現金で渡してくれたそう。嬉しさよりもお札の厚みに冷や汗が出たようですが、周囲の人に言っても自慢話だと思われるので、ネット上で悩みを共有したかったとのことでした。

 

この体験談に対して上がったのは、主に共感の声。「うちも会うたびにおこづかいとして10万円くれる」「義実家で産まれて初めて“デパートの外商”という人に会った」「結婚の挨拶に行ったら自宅の敷地が500坪あって驚いたよ…」などの声が続出しています。

 

ネット上では羨む声が多かったものの、こうした義実家の気づかいは良いことだけでないよう。「ありがたい反面、毎回お礼を言うのが苦痛」「高価でも要らない物だとありがた迷惑だよねぇ」「子どもの教育に口は出さないけど金は出すから、結果こちらは義実家の言いなりになっている」と苦労を感じる人も多いようです。

 

さらには「義実家は由緒正しいお金持ちなのにケチ」という悩みも。「清貧こそが徳と考えてるようで、私は決して贅沢していないのに散々陰口を叩かれてる」という相談も上がっていました。

長谷部ひとみ

夫の両親と息子と娘、キュートすぎる柴犬との6人+1匹暮らし。バスガイドから心機一転、ライターとして活動中。岩手県の実家に帰ると、その後1週間ほどは訛りが抜けないのが悩み。数学が大の苦手で息子に教わっている。