2019.08.07

日本も今後は訴訟社会に!?身を守るための「弁護士保険」とは

■弁護士保険のメリット

弁護士保険に加入している場合、補償対象となっているトラブルに巻き込まれたときに保険を使用することができます。万が一何か問題が起きて弁護士に相談・依頼するときには、「相談料」と、弁護士に依頼するときにかかる「着手金」、解決するための「費用」、解決後の「報酬」が必要です。トラブルの内容により異なりますが、これらの料金は数十万円、数百万円など高額になる場合が多いでしょう。その高額な弁護士報酬が、保険に加入しているときにはその補償内容に応じて自己負担額を支払いだけで済むというメリットがあります。

また、困ったときにどこに相談したらいいかがわからないという場合でも、弁護士への直通ダイヤルや弁護士を紹介してもらうサービスなどが利用できるため、迅速に対処することが可能になります。そのため、弁護士保険は費用面での負担の軽減や手続きのしやすさ等の面で、日常生活で起きたトラブルの解決に力強い味方となってくれる弁護士を利用しやすくなるため、安心して生活できます。

■弁護士保険の利用方法

突然日常生活でトラブルが生じたときには、保険を利用して簡単に弁護士に依頼することができます。保険に加入してからはしばらく待期期間がありますが、待期期間が終了したあとに発生したトラブルには保険を使うことができます。保険を利用して弁護士に依頼する手順は以下の通りです。

1.トラブルで保険を使いたいときには、保険会社指定の「事故受付センター」に電話をしてトラブルの報告をします。

2.保険会社に相談したあと、保険金支払いの対象となるトラブルの場合には、保険会社から弁護士が紹介されます。または自分で保険の利用が可能な専門の弁護士を探します。

3.弁護士に相談後、契約することを決めたときには弁護士と委任契約を結び、保険会社に契約の内容を報告します。

弁護士に依頼する前には、依頼したときにかかる報酬や費用などについて説明されます。最初に弁護士費用を確認することができるので、保険でどのくらいの金額が補填されるのかを考えてから依頼することが可能です。
保険を利用して弁護士費用が安くなることで、気軽に弁護士に相談してトラブルが大ごとになる前に解決できる場合もあるでしょう。保険の契約内容によっては、保険料が適用になる弁護士が限られる場合もあるので、しっかりと確認してから契約を結びましょう。

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫

今野 由奈

今野由奈です。
お金に関わる記事を投稿しています。現在貯金を殖やすために日々邁進中!投資、マイホーム、給料にかかわるところを書いています!