2019.08.05

知っていないと損をする高額医療費制度について

健康だと思っていた人が、会社などの定期健診を受けてガンなどの難病が見つかったら、真っ先にどうしようと思うのは高額な治療費です。難病を治療するには、先進医療の技術が必要になってきますし、保険適用外なため自己負担額が数千万円になってきます。高額医療費制度を利用しますと、自己負担額を数十万円に抑えられますので、費用が支払えないことで治療できないと、心配になることはありません。高額医療費制度について解説致します。

■病気の治療費が予定より高額になった場合

最初はそんなにひどい症状ではないだろうと思い、病院で受診したら悪い箇所が見つかり、治療にお金がすごくかかってしまうなど、予定外の治療費になることがあります。高額医療費制度は自分で負担している治療費が、一定の金額を超えた場合、残りの費用を払い戻してもらえる制度になっています。

払い戻しについては、すぐ返金してもらえるわけではなく、診療報酬明細書を基に審査が行われ、3カ月以上期間がかかります。審査を通過し認めてもらえましたら、払い戻しをしてもらえます。治療費が戻してもらえるのは嬉しいことですし、この内容に加えて自己負担額は、家族(世帯)で合算してもできます。例えば同じ月に、おじいちゃんとおばあちゃんが、治療を行っている費用を合計できるなどです。

また、1人で複数の病院を利用していたり、同じ病院であっても入院と外来で、どちらも受診している場合でも合算してもらえます。70歳未満の人の場合は、自己負担額21,000円以上が対象です。高額医療費制度を受けるためには、「協会けんぽ」に加入していることが条件になってきます。病院を通じて調剤薬局より処方されたお薬代金も、自己負担額として計算できます。申請については、「健康保険高額療養費支給申請書」で申請をしてください。

今野 由奈

今野由奈です。
お金に関わる記事を投稿しています。現在貯金を殖やすために日々邁進中!投資、マイホーム、給料にかかわるところを書いています!